• NETFLIXアニメフェス スペシャルステージで注目タイトルが目白押し!
  • NETFLIXアニメフェス スペシャルステージで注目タイトルが目白押し!
2019.03.23

NETFLIXアニメフェス スペシャルステージで注目タイトルが目白押し!

世界最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2019」にてNetflix最新アニメが紹介された


続いて、ここで登場した司会のニッポン放送・吉田尚記アナウンサーが呼びかけ、超満員となった観客の「ハシャゲ世界、ネトフリアニメ!」のコール&レスポンスでトークイベントへ。今年配信を迎えるNETFLIXの注目作品から、超豪華ゲスト陣が登場!

『ULTRAMAN』(4月1日(月)より全世界独占配信)から木村良平(早田 進次郎/ULTRAMAN役)、『7SEEDS』(夏/全世界独占配信)より東山奈央(岩清水ナツ役<夏Bチーム>)と福山潤(青田嵐役<夏Bチーム>)、『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』(7月19日(金)より全世界独占配信)より森田成一(ペガサス星矢役)、折笠富美子(城戸沙織役)の豪華声優陣が登壇し、作品の垣根を越えたトークセッションを繰り広げた。

『ULTRAMAN』はフルCGでモーションキャプチャーを使用しているため、収録の段階でには基本的なキャラクターの動きはできていたと木村良平。さらに、セリフも入っていたことからある意味吹き替えのようだった、との舞台裏の苦労話も披露した。ウルトラマンシリーズとしてはダークな世界観の本作だが「進次郎は普通の高校生でありながら色々な現実にもまれていく、主人公が少しずつ成長していく王道の物語でもありながら、描かれているバックボーンがヘビー」だと見どころを語った。

東山奈央は『7SEEDS』の原作コミック全35巻を3日ほどで読破してしまったというエピソードを披露。現場でも読了率が高く、楽屋はさながら漫画喫茶のよう、と福山潤も述懐。世界滅亡後を生き抜くサバイバルSFというハードな世界観を「絶望と戦いながら真っ青になって」演じている、と東山。福山も「生物としての根幹の部分のメンタリティを掘り下げる作業」に面白さを感じていると語った。

赤いTシャツを着ていることを吉田アナウンサーに指摘された森田成一は「(星矢を演じた)先代の古谷徹さんに倣って収録時には赤いものを身に付けるようにしている」と明かした。また、『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』は英語版をベースに制作されているため、日本語版は吹き替える形になるが「元々やっている聖矢もあるので合作している気持ち」と語った。折笠富美子も「聞き比べてほしいですね」とNETFLIXならではの楽しみ方を提案。「今回の城戸沙織はこれまでよりもちょっと気が強くなっているかも」とも。

最後に、木村良平から「主人公が真っ直ぐに突き進んで成長していく物語で、アクションもとてもかっこいいですし、キャラクターそれぞれの背景などもあって、色々な深い楽しみ方ができる作品です」、東山奈央から「人間の業の深さや、それでも生きたいという気持ち、そういうものが込められた作品になっています。受け取って自分の中に残しておきたい気持ちがたくさん詰まっています。アニメ、原作も併せて楽しんで頂きたいです」、森田成一から「3DCGとして生まれ変わって物語はまた最初から始まるわけですが、聖闘士星矢が持っている熱い燃えたぎるような闘志が盛り込まれて、全編がコスモに満ちあふれています」と、それぞれの出演作品について観客にメッセージを送り、トークセッションは終了した。

左より、木村良平、東山奈央、福山潤、森田成一、折笠富美子