• 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』応援チームを募集します!
  • 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』応援チームを募集します!
2019.05.31

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』応援チームを募集します!

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』応援チーム名刺サイズPRカード

第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向き、日々の暮らしを紡いでいく女性・すずの深い感情を、新たなエピソードを盛り込むことで描き出す新作劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(2019年12月20日(金)公開)の応援チーム募集要項が決定、6月7日(金)10:00より募集開始となる。


“応援チーム”とは参加者の名前が、映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』エンドロールとパンフレットに掲載されるとともに、応援ツールとして参加者の「名前入り名刺」と「PRカード」が提供されるというもの。


その“応援チーム”の募集が6月7日(金)より開始されることを受けて、片渕須直監督がコメントを寄せている(以下全文)。


ご存知のとおり、映画『この世界の片隅に』にはエンドロールがふたつあります。
ひとつは、通常のキャストとスタッフの名を記したもの。もうひとつは、この映画を生み出すに決め手となった2015年のクラウドファンディングに参加してくださった方々のお名前が収められています。
この映画を原型とした新しい映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を作るに当たって、この二番目のエンドロールに相当する部分をどのようにしたものかと考えてみました。映画『この世界の片隅に』の企画の発端は2010年。2015年にクラウドファンディングを行って制作に着手し、翌年完成したこの映画は900日を越えたロングランとなって上映し続けられています。映画が完成してからもたくさんの方々のお世話になり、助けていただいて来た、ということにほかなりません。映画を御覧いただいた、ということだけで、私たちはどれほど助けられたことでしょう。
新しい『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の第2エンドロールには、そうしたみなさんのお名前を出来るだけ載せさせていただきたい気持ちです。

監督・脚本 片渕須直


名刺の印刷費や発送費などの実費は参加者が負担する形となるが、観客との絆を大切に繋いできた片渕監督ならではのいまだかつてない試みは、きっと新たな奇跡を生むことになるだろう。


応援チームへの参加方法や募集要項は、映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』下記公式サイト内 特設ページで確認してみてほしい。応募期間は2019年6月7日(金)10:00〜7月31日(水)23:59まで(予定)。
https://ikutsumono-katasumini.jp/campaign/ambassador/

(2019/6/7追記)
※応援チームの参加募集開始予定は2019年6月13日(木)17:00〜 に変更されています。



森永ミルクキャラメルとのコラボ企画もスタート

6月3日(月)からは、広島地区をはじめとする中国・四国地方限定で『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』と森永製菓とのコラボによる「森永ミルクキャラメルケース(ペーパークラフト)」の店頭プレゼント企画が開始! 2種あわせて数量限定5000個が各地のスーパーマーケットを中心に展開される予定。(一部対象店舗のみ)

映画冒頭で、幼いすずがおつかいに出かける中島本町(現・平和記念公園)に登場し、周作との出逢いを印象づけた森永ミルクキャラメル。あの頃と変わらない黄色いパッケージには優しい甘さが詰まっている。

今回コラボレーションが実現したペーパークラフトケースは、そんな森永ミルクキャラメルが3つ収められる仕様になっており、店頭で森永ミルクキャラメルを3個購入すると手に入る。ケースの絵柄は本作のティザービジュアルを配したものと、幼少期のすずがキャラメルの持った場面写真を配したものの2バージョン。裏面にはメッセージが記入できるスペースがあり、大切な人へのちょっとしたプレゼントにも最適!


映画公式HP https://ikutsumono-katasumini.jp/

(C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会