• 『ドラゴンボール超 ブロリー』イベントで野沢雅子と島田敏が生アフレコ!
  • 『ドラゴンボール超 ブロリー』イベントで野沢雅子と島田敏が生アフレコ!
2019.06.08

『ドラゴンボール超 ブロリー』イベントで野沢雅子と島田敏が生アフレコ!

生アフレコを披露する孫悟空役・野沢雅子さん(左)とブロリー役・島田敏さん(右)

6月8日(土)、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』のブルーレイ&DVDが6月5日(水)に発売されたのを記念したトークショーイベントが東京・浅草花劇場にて開催された。ゲストとして、長年にわたって主人公・孫悟空を演じる野沢雅子さんと、ブロリー役の島田敏さんが登壇してトークショーが行われた。さらになんと! 劇中でも激しいバトルを繰り広げた2人による生アフレコが披露された!


冒頭の挨拶では、満場の来場者に野沢さんは「こんなに大勢来てくださってありがとうございます」島田さんは「皆さんの温かい拍手がとても嬉しかったです」とそれぞれ感謝を述べた。トークショーには東映アニメーションのプロデューサー・林田師博氏も加わり、本作の魅力や舞台裏のこぼれ話などが存分に明かされた。



世界各国でも大ヒットを記録した本作について、なぜこれほどまでに海外でも人気があるのか、というMCの質問に対し、野沢さんは「理由ってないんじゃないですか? 面白いからでしょう。最初から最後まであっという間で。収録が終わってから『私セリフ言ってた?』って訊いたくらい」と語る。
林田プロデューサーは「初めから海外を意識していた」と述懐し、続いて昨年10月にニューヨークで開催された「コミコン」についてもトークは展開。コミコン会場に集まった数多くのアメリカのファンが野沢さんの登場に熱狂する様子が会場のモニターで流された。


さらに「世界が尊敬する日本人100」(Newsweek日本版)に声優からはただ一人選ばれたことについて、野沢さんは「思ってもみなかったこと。皆さんが応援してくださったから」としみじみ。
林田プロデューサーは「プロフェッショナルという言葉が野沢さん以上に似合う人はいない。ご自宅が火事になった時以外に遅刻もされたことがない。風邪を引かれることもなくてリアルにスーパーサイヤ人」と驚きとともに振り返る。
島田さんは「テレビ黎明期の輸入ドラマを生アテレコしていた時代から活躍されて、アニメーションでも数々の主役を途切れることなく演じていらっしゃる。出演回数がすごいだけでなく業界への貢献度がダントツなんですね。選ばれてとてもよかったなと思いますし、これからもますますお元気でご活躍いただきたいと思います」と語った。


ここで逆に話は島田さんのほうへ。
以前のイベントでブロリーの上半身着ぐるみ(島田さんいわく“ニクジュバーン”)を着た写真がモニターに表示され、それについて島田さんは「着させていただく機会はなかなかないと思いましたし、皆さんに喜んでいただけるなら」とファンサービス第一の姿勢を示した。
その島田さんの人となりについて野沢さんは「もう最高です。こんなに人の面倒見がいい人はいない。日俳連でも役員をやっていろいろやってくださっているんですよ。私なんて役者だけでいっぱいいっぱいですよ」と尊敬の念を表した。
林田プロデューサーは島田さんからアフレコ後に『ブロリーの設定が今回は若いから、自分でも合っているのかわからない。ダメだと思ったら言ってください。全部やり直すから』と言われたエピソードを明かし、謙虚かつ真摯な方であると語る。