• 『HUMAN LOST 人間失格』アヌシー国際アニメーション映画祭にて世界初上映!
  • 『HUMAN LOST 人間失格』アヌシー国際アニメーション映画祭にて世界初上映!
2019.06.18

『HUMAN LOST 人間失格』アヌシー国際アニメーション映画祭にて世界初上映!

『HUMAN LOST 人間失格』国際アニメーション映画祭にて世界初上映!

超満員の会場で観客が大熱狂! 『HUMAN LOST 人間失格』フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭にて世界初上映! 現地レポートが到着した!

日本文学の傑作である太宰治の『人間失格』をダイナミックにリメイクした『HUMAN LOST 人間失格』。破滅に至った一人の男の生涯を描き、その深い死生観・文学性が今なお強烈な衝撃を与え続ける不朽の名作が、世界に誇る日本最高峰のクリエイター陣によって再構築される『HUMAN LOST 人間失格』として太宰治生誕110周年を迎える2019年、全世界公開となる。

フランスで開催中の世界最大のアニメーション映画祭であるアヌシー国際アニメーション映画祭にて、『HUMAN LOST 人間失格』のスクリーニングイベントが開催され、興奮の渦を巻き起こした現地のレポートが到着した。

6月14日(現地時間)、『HUMAN LOST 人間失格』がアヌシー国際アニメーション映画祭にて世界初上映、大熱狂で迎えられた。上映会場は市街中心にある映画祭のなかで最大の会場であるボンリュー・グラン・サーレ(Bonlieu Grande salle)。さらに映画祭で最も盛り上がる週末・金曜日夜20時30分からスタート!
これまでもいくつもの傑作を生みだしてきたスーパーバイザー本広克行(『踊る大捜査線』『PSYCHO-PASS サイコパス』)、監督の木﨑文智(『アフロサムライ』『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』)、アニメーション制作のポリゴン・ピクチュアズ(『GODZILLA』三部作、『BLAME!』)による最新映画への期待の大きさが感じられる。

会場の盛り上がりは、期待をさらに上回った。開始前から会場前は長蛇の列となり、多くのファンが世界で初めて目にする本作を心待ちにした。およそ1000名収容の会場は若者から大人のファンまでぎっしり埋めつくされ、超満員だ。そこにゲストである本作のチーフプロデューサー岩野貢(MAGNET)とプロデューサー尾畑聡明(スロウカーブ)がMCに招かれ姿を見せると、割れんばかりの拍手が起きた。

岩野が「日本のクリエイターやアニメをもっと海外で評価してもらおうと、海外先行上映をしたいと思いました」と挨拶すると、観客は喝采で答える。尾畑は「人間失格に通底する“個と社会”というテーマが、今のSNS・インターネット社会において、よりビビッドで無視出来ないテーマだと感じ、それを表現したいと思いました。」と、企画の意図を説明した。また見どころとして「木﨑文智が初のフルCGで挑んだアクション。次世代を切り拓いていく企画」を挙げた。

挨拶の最後には、満員の観客をバックにフォトショット。「HUMAN!」の掛け声に「LOST!」を返すコールアンドレスポンスで、会場は「HUMAN LOST」の歓声で挨拶を終了した。

上映中は先の読めない展開、次々に繰り出すアクションに、多くがスクリーンに魅入っていた。遅い時間にも関わらず、席を立つ人も見られない。作品ががっちりと観客の心を掴めたようだ。上映後の観客の反応も興奮に溢れていた。「アクションシーンの連続に興奮した!」、「テーマが奥深く、終わった後に友だちと話し込んでしまった」といった感想が次々に寄せられた。映像界の最前線を走るCG表現、それにドラマ性たっぷりの両方で、観客は大満足したようだ。
海外での快進撃はまだまだ続く。7月5日(金)(現地時間)には、アメリカ最大のアニメ・コンベンションであるロサンゼルスの『AnimeExpo 2019』での北米プレミアムも決定した。大庭葉藏役の宮野真守、監督・木﨑文智が登壇予定。フランスからアメリカ、『HUMAN LOST 人間失格』の世界での熱狂はまだまだ広がりそうだ。

(C)2019 HUMAN LOST Project
配給:東宝映像事業部

◇アヌシー国際アニメーション映画祭『HUMAN LOST 人間失格』スクリーニング
日時(現地時間):2019年6月14日(金)20:30~22:30
開催場所: フランス・アヌシー市 
ボンリュー・グラン・サーレ(Bonlieu Grande salle)
登壇: 岩野貢(MAGNET)
尾畑聡明(スロウカーブ)

<作品概要>
■INTRODUCTION
太宰治生誕110周年
日本文学の傑作・太宰治『人間失格』が、本広克行×木﨑文智×冲方丁×ポリゴン・ピクチュアズ
最高峰のクリエイター陣によって大胆に生まれ変わる――

破滅に至った一人の男の生涯を描く日本文学の金字塔――太宰治『人間失格』。
その深い死生観・文学性が今なお強烈な衝撃を与え続ける不朽の名作が、世界に誇る日本最高峰のクリエイター陣によってダイナミックにリメイクされる。
スーパーバイザーには『踊る大捜査線』『PSYCHO-PASS サイコパス』で社会現象を巻き起こした本広克行。監督には『アフロサムライ』『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』『BAYONETTA BLOODYFATE』など唯一無二のセンスで国内外から高く評価される木﨑文智。脚本には『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞ほか数々の賞を受賞した小説家・冲方丁。キャラクターデザインには『PokemonGO』や『ファイアーエムブレム』など数々の名作ゲームやアニメーションの登場人物を生み出したコザキユースケ、コンセプトアートには『ファイナルファンタジーXI』や『メタルギア ライジング リベンジェンス』など国内外を問わず大規模プロジェクト参加する富安健一郎が手掛け、世界観を彩る。そしてアニメーション制作は『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』や『トランスフォーマー プライム』など海外でも多数の賞を受賞し、アニメーション映画『GODZILLA』三部作、『BLAME!』と映像革命を起こし続けるポリゴン・ピクチュアズ。

太宰治生誕110周年を迎える2019年、最新・先鋭のクリエイティブによる、誰も観たことのない『人間失格』が世界を驚愕させる――

■STORY
「恥の多い生涯を送って来ました。」
医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京――
人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制の支配により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する、無病長寿を約束された。しかし、その究極的な社会システムは、国家に様々な歪を産み出す。埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する“ヒューマン・ロスト現象”……。
日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。

大気汚染の広がる環状16号線外(アウトサイド)――イチロク。
薬物に溺れ怠惰な暮らしをおくる“大庭葉藏”は、ある日、暴走集団とともに行動する謎の男“堀木正雄”とともに特権階級の住まう環状7号線内(インサイド)への突貫に参加し、激しい闘争に巻き込まれる。そこでヒューマン・ロストした異形体――“ロスト体”に遭遇した葉藏は、対ロスト体機関“ヒラメ”に属する不思議な力をもった少女“柊美子”に命を救われ、自分もまた人とは違う力を持つことを知る――
 
堕落と死。生と希望。男は運命に翻弄され、胸を引き裂き、叫ぶ。
怒り。悲しみ。憐れみ――絶望に呑みこまれ、血の涙とともに大庭葉藏は“鬼”と化す。

貴方は、人間合格か、人間失格か――

■ティザーPV


<STAFF>
原案:太宰治『人間失格』より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木﨑文智
ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ

<CAST>
大庭葉藏:宮野真守、柊美子:花澤香菜、堀木正雄:櫻井孝宏、竹一:福山潤、澁田:松田健一郎、厚木:小山力也、マダム:沢城みゆき、恒子:千菅春香

<WEB>
『HUMAN LOST 人間失格』Official Site
Official Twitter:@HUMANLOST_PR