• ツナはやっぱり死ぬ気でがんばる! リボステ第2弾速報
  • ツナはやっぱり死ぬ気でがんばる! リボステ第2弾速報
2019.06.19

ツナはやっぱり死ぬ気でがんばる! リボステ第2弾速報

ついにリボステ第2弾が上演だ!!(C)天野明/集英社(C)『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE製作委員会

天野明による漫画『家庭教師ヒットマンREBORN!』を原作とする舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE-vs VARIA partI-が開幕し、去る6月13日(木)にゲネプロ取材とオフィシャル会見が行われた。

今回で第2弾となる公演はヴァリアー編の前編となる。演出・脚本には初演に引き続き劇団鹿殺しの代表・丸尾丸一郎を迎え、今回もリボーン役をアニメでもリボーン役の声優を演じたニーコ、ツナ(沢田綱吉)役は竹中凌平が務めるほか、ヴァリアーのメンバーに新たなキャストも加えてボリュームアップし見応え抜群だ! 

早速舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE-vs VARIA partI-のゲネプロリポートのほか、オフィシャル会見のキャストコメントを紹介しよう。

【ゲネプロリポート】
街中で突如、額に死ぬ気の炎を宿す少年(バジル)と長髪の剣士(S・スクアーロ)の戦闘に巻き込まれたツナと仲間たち。ボンゴレ後継者とその守護者の証、「ボンゴレリング」を託しに来たというバジルは、ボンゴレファミリー最強の独立暗殺部隊・ヴァリアーのメンバーであるスクアーロに襲われていたのだ。
同じファミリーであるはずの者に攻撃された理由、それはボンゴレファミリーの次期ボス候補として、ツナとヴァリアーを率いるXANXUS(ザンザス)の2人が擁立されてしまったこと。次期ボスの座にふさわしいのはどちらか、 7つのリングを賭けて候補者同士の決闘が行われることになり、ツナと仲間たちは、それぞれの「家庭教師」のもと修業を開始する。

大迫力の舞台に期待が高まる(C)天野明/集英社 (C)『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE製作委員会


【オフィシャル会見キャストコメント】
リボーン役:ニーコ
ちゃおっス!リボーン役のニーコです。今回2作目でいよいよヴァリアーや家庭教師チームが登場し、修業を経てヴァリアーとのリング争奪戦に入ります。ヴァリアーチームは見た目が強そうで、「ん?負ける……!?」と思わされるようなオーラがあります。
でも、素になった瞬間は天然だったり、おとぼけだったり、ギャップのある人が多いので、一緒に稽古してきた仲間の一員として、とっても面白いメンバーが揃っているという印象です。
私はアニメでも声優をさせていただいていましたが、ヴァリアー編は当時からすごく熱を感じていました。そこから時が経ち、2019年。元号も令和になり、最新の技術でさらに大きな作品を見せられると思います。
昔からのファンの方も、新しくファンになってくれた方も、みんなが楽しめるようなものを目指して一丸となって作っています。初演よりもさらに厚みと面白さ、そして熱さを倍増して、個性豊かなメンバーと共に暑苦しく頑張っていきたいと思います。

沢田綱吉役:竹中凌平
初演はマラソンみたいにずっと舞台上で芝居をしていたのですが、それに比べると今回は落ち着いて、まわりが見えている状況です。
ヴァリアーの皆さんは個性が強いのに団結力がすごくあって、見た目も強いので、初めて衣裳を着て並んでいる姿を見たときに、「勝てない……!」って思っちゃうほど強そうでした……。
初演を見てリボステを好きになってくれた方も、原作からのファンの皆様も、全員楽しんでいただけるような作品になったと感じています。最後まで死ぬ気で頑張ります!

獄寺隼人役:原嶋元久
ボンゴレファミリーの中では僕だけ今回から参加だったので緊張したんですが、みんな温かくすんなり受け入れてくれました。獄寺隼人を演じるということで、身の引き締まる思いと、幸せな思いがあります。
色んな壁がありましたが、それをちゃんとぶっ壊せたことで、今ここに立てているんじゃないかと思います。ボンゴレもヴァリアーも、稽古の最中の素の部分がそれぞれの役に近くて、全員が選ばれるべくして選ばれたんだと感じましたし、そういう瞬間を見てテンションが上がりました。
お客様には、リボーンの世界を「読む」のでもなく「観る」のでもなく、ぜひ「体感」していただきたいです。一生懸命頑張っていきたいと思いますので、楽しみにしていてください!

山本 武役:山本涼介
前作に引き続き参加しますが、芝居の出来や熱量を、前作以上に超えていかないといけません。稽古初日からヴァリアーチームはすごい完成度で、いい意味でプレッシャーをもらいました。
ボンゴレファミリーは普通の中学生なので、プロの殺し屋にどう立ち向かっていくのかっていうのが見どころだと思います。ちなみに、ヴァリアーチームはメッセージアプリでグループを作っているらしいのですが、一年以上の付き合いになるボンゴレには未だにないです(笑)。
山本武は修業を経て、スクアーロと戦います。今作のクライマックスでもありますので、しっかりとかっこいいバトルを届けられるように、そして山本涼介としても前回より成長した姿を見せられるように頑張ります。

笹川了平役:上杉 輝
前回は敵にボコボコにやられてしまったんですが、今回は戦わせていただきます! それも初戦なので、後の戦いに熱さが続けられるように頑張りたいと思います。
ヴァリアーはとにかくデカい! マーモン以外、全員大きいんです! 劇場入りして場当たりでスタッフさんの力が加わって、ヴァリアー編が完成に近づいています。本番でヴァリアーを見るのが楽しみです。
今回は4つの戦いがありますが、それぞれのキャラクターがいろいろな思いをもって戦います。そのバックボーンも感じながら見ていただければ、と思います。

ランボ役:KIMERU
今回、5歳・15歳・25歳と演じさせていただきますので、早替えも役作りも大変でした。ちなみに今(会見時)は15歳です。未来から来ました。ヴァリアーが来る! ということで、ボンゴレファミリー側について、5歳児、頑張ります!
ボンゴレファミリーのド素人さと、ヴァリアーのプロのヒットマンチームの怖さ、いい意味で分かれていると思います。でも、舞台袖に入ったらみんないい人で、特にヴァリアーは役と全然違のでいい座組みです。
今作は「vsヴァリアー編」の前編になります。後編に向けて、自分の戦いをしっかり頑張りたいと思います。