• 12年ぶり待望の新作『ロードス島戦記』は、100年後の世界
  • 12年ぶり待望の新作『ロードス島戦記』は、100年後の世界
2019.06.20

12年ぶり待望の新作『ロードス島戦記』は、100年後の世界

『ロードス島戦記 誓約の宝冠1』

12年ぶり待望の新作小説『ロードス島戦記 誓約の宝冠1』が角川スニーカー文庫より、8月1日(木)に発売が決定した。本日6月20日(木)にはWEBでの事前注文予約も開始している。

「ロードス島」の100年後を描いた新作小説が誕生
シリーズ累計1,000万部突破。 1988年に誕生した伝説的作品である『ロードス島戦記』。
水野良が小説として新たに誕生させ、エルフ、冒険、魔法といった世界観を根付かせた、日本ファンタジーの始祖にしてライトノベル黎明期の大ヒット作。
角川スニーカー文庫の礎を築き、『ロードス島伝説』、『新・ロードス島戦記』とレーベルの歴史を共に形作ってきた伝説的シリーズの最新作が2019年8月1日(木)に発売が決定した。
水野良とイラストレーター左の最強タッグで贈られる完全新作『ロードス島戦記 誓約の宝冠1』は、『新ロードス島戦記6 終末の邪教(下)』刊行以来およそ12年ぶりとなる著者書き下ろしによる新シリーズとなる。

▼あらすじ
"呪われた島"ロードス。戦乱に包まれたこの地も英雄達の活躍でようやく平和が訪れようとしていた。不戦を誓い合う王達であったが、時の大賢者より"誓約の宝冠"が差し出される。
「この王冠を戴いた物は他国を侵略出来なくなるであろう……」
――かくして、真の平和へと至ったロードスであったがその100年後、フレイムの王位継承者にこの禁を犯すものが現れる!
マーモ公王の末裔ライルは、不戦の誓いに仇なす王国に対抗すべく、 "永遠の乙女"の力を借りようとするのだが!?
戦乱を駆ける王子と伝説のハイエルフ。時を超えて新たなる「ロードスの騎士」を巡る冒険の旅が今、再びはじまる!


【書籍情報】
ロードス島戦記 誓約の宝冠1
『ロードス島戦記 誓約の宝冠1』
著者:水野良 イラスト:左
発行:株式会社KADOKAWA(角川スニーカー文庫)
発売日:2019年8月1日
定価:本体680円(税別)
ISBN:9784041072417

【特設サイト】
スニーカー文庫『ロードス島戦記』シリーズ特設サイト

■『ニコ生』で特番&アニメ一挙放送も
新シリーズ刊行を記念して『ロードス島戦記』の歴史をアニメで一挙放送する。『ロードス島戦記』1~13話に、『ロードス島戦記-英雄騎士伝』1~27話までを『ニコニコ生放送』にて3日間にわたり配信する。
また、小説の作者である水野良が出演する特番も予定しており、ここで初めて解禁する情報もあるとのこと。

【放送スケジュール・チャンネル】
「ロードス島戦記」全13話一挙放送
7月29日(月)18:30-24:10

「ロードス島戦記-英雄騎士伝-」1~18話一挙放送
7月30日(火)18:30-01:30

「ロードス島戦記-英雄騎士伝-」19~27話一挙放送&特番
7月31日(水)18:30-01:20

■『ロードス島戦記』とは
『ロードス島戦記』は、 1988年に角川スニーカー文庫より発売された、水野良によるファンタジー小説。呪われた島「ロードス」で、武者修行の旅に出たパーンが、エルフのディードリット、魔術師スレインら仲間たちと試練を乗り越えていくというストーリー。発表されてから今日まで、小説だけでなく、テーブルトークRPGやコミック、ラジオドラマ、 TVアニメ、舞台、ゲームなど様々な形で多くの人々に愛されてきた。