• 『電車でGO!!』大型アップデートで初代『電車でGO! 復刻版』が新モードとして追加された!
  • 『電車でGO!!』大型アップデートで初代『電車でGO! 復刻版』が新モードとして追加された!
2019.06.26

『電車でGO!!』大型アップデートで初代『電車でGO! 復刻版』が新モードとして追加された!

『電車でGO! 復刻版』プレイ画面

全国のゲームセンターで好評稼働中の電車運転士体験ゲーム『電車でGO!!』(タイトー)が本日Ver.5.0への大型アップデートを実施し、アーケードから家庭用ゲーム機まで90年代後半に一大ブームを巻き起こした初代『電車でGO!』の復刻版が楽しめるようになった!


『電車でGO!!』Ver.5.0では、1997年に稼働を開始した初代『電車でGO!』を懐かしむプレイヤーの声に応え、『電車でGO! 復刻版』を新モードとして追加。復刻版は当時の『電車でGO!』がプレイできるだけでなく、『電車でGO!!』筐体の4画面を使用して、「1997年当時のゲームセンターで『電車でGO!』を遊ぶ。」というコンセプトでブームまっ盛りだった当時のゲームセンターを再現。山手線や京浜東北線、東海道本線、山陰本線の4路線が楽しめるほか、ほかのモードと同様にNESiCA(タイトーのアーケードゲーム専用認証カード)を使用してゲーム進行を記録することも可能。プレイ記録はPCやスマートフォンから『電車でGO!!』のマイページにアクセスして確認できる。

★『電車でGO!!』コンパクト筐体も登場!
2017年から稼働している筐体に続き、『電車でGO!!』シリーズの新たなラインナップとして小規模なロケーションでも設置しやすいサイズのコンパクト筐体が登場、全国で順次稼働開始する。現行の筐体と同様にコンパクト筐体でも4画面でプレイできるので、ゲームのクオリティはそのままに電車運転士体験が楽しめる。

『電車でGO!!』製品概要
 ジャンル:電車運転士体験ゲーム
稼働開始日:アップデート・コンパクト筐体ともに2019年6月26日(水)
  ハード:アーケードゲーム
 メーカー:株式会社タイトー
プレイ人数:1名
   料金:1プレイ200円~ ※走行区間によって異なります。

公式サイトURL http://denshadego.net/
公式ツイッター @taitodenshadego

※稼働店舗は公式サイトの稼働店舗リストで確認できる。

(C)TAITO CORPORATION 1996, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
JR東日本商品化許諾済 JR西日本商品化許諾済
阪神電気鉄道株式会社商品化許諾済

※TAITO、TAITOロゴおよび「電車でGO!!」は、日本およびその他の国における株式会社タイトーの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

文/小田 サトシ