• 全部が見所!夏映画『騎士竜戦隊リュウソウジャー』を上堀内佳寿也監督に訊く
  • 全部が見所!夏映画『騎士竜戦隊リュウソウジャー』を上堀内佳寿也監督に訊く
2019.07.25

全部が見所!夏映画『騎士竜戦隊リュウソウジャー』を上堀内佳寿也監督に訊く

『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ! 恐竜パニック!!』の上堀内佳寿也監督。劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映

「恐竜」と「騎士」をモチーフにしたスーパー戦隊43作目『騎士竜戦隊リュウソウジャー』と、歴代の平成仮面ライダーの力を駆使して戦う『仮面ライダージオウ』の夏映画が7月26日(金)より全国公開される。
そこで、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』で初のスーパー戦隊シリーズパイロット監督を務め、『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ! 恐竜パニック!!』のメガホンをとった上堀内佳寿也監督に本作品への意気込みを伺った。(取材は2019年5月22日の夏映画製作発表時にて)



◆極力実写で見る格好良さを追い求めて行きたい


——『騎士竜戦隊リュウソウジャー』のパイロット監督をされることになった経緯を教えて下さい。

上堀内 確か監督をした『劇場版 仮面ライダービルド』の初号試写の終わりで、東映プロデューサーの高橋一浩さんから連絡を頂いて、お会いした時に「次のスーパー戦隊シリーズのパイロット監督をしてほしいんだけどどうかな?」と訊かれたのが最初です(笑)。

本当にありがたいお話しだと思ったんですけど、監督を始めてまだ2年ぐらいしか経っていなかったので、結構不安もあって、ちょっと考えさせて下さいとお伝えしました。スーパー戦隊に助監督として携わったことがなく初めてだったので。

僕は東映さんでお世話になってからずっと仮面ライダーの助監督をやってきて、仮面ライダーで監督に上げていただいたんです。スーパー戦隊と仮面ライダーではやっぱり文化が違う部分があると思うので、近いようで遠いという感覚がありました。撮影の仕方とかもそうですし、求められるものも違うと思っていたので、そういう意味での不安があり、二つ返事で「ありがとうございます! やります!」とは言えなかった。それが当時の正直な心情だったかなと思います。

——実際に監督を引き受けられて、1・2話を撮られてから今回の劇場版ですよね。1話の巨大戦やマスターたちが倒れるシーンは衝撃でした。

上堀内 そういうところで驚いてくれたっていうことは、いい意味で、通例で観ていたものとは違うものが出せたのかなとは思います。ただ怖い部分でもあって、僕自身がスーパー戦隊シリーズをしっかり掴めてはいない状態で、まだ挑戦してないことや手を付けていない要素を作品に加えていこうとすると、それはすごく綱渡りになると思っているんです。スーパー戦隊とはこういうものだという基盤がある中で、新しいものを取り入れていくのはプラスになることが多いと思いますけど、そこが固まっていない人間が新しいものを足していくと崩壊させる恐れがあると思っているので、その辺の塩梅っていうのはすごく気にしながら撮っています。

巨大戦もそうですけど、今回のように実写にこだわったロボ戦にしたのは、去年の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(以降『ルパパト』)との差別化を図りたかったというのがあります。『ルパパト』がCGを使った動きでどれだけ存分に見せられるかということに挑戦し、すごくカッコ良かった。ましてや『ルパパト』を撮られていたのが僕の兄弟子にあたる杉原(輝昭)監督だったので変な対抗意識もあり(笑)、去年と違う巨大戦をやろうと。

ちょうど特撮監督の佛田(洋)さんからもロボ戦でワイヤーアクションをやりたいと最初の打ち合わせのときに言われました。僕も同じ考えだったんです。だから割と最初から今年はロボを本当にカッコ良く、実際に動けるようにしようと目標を立てました。とにかく今年は、特撮班にオープンセットを組んでもらって、そこで実際にやれる状態を作ろうと。極力実写で見る格好良さを追い求めて行きたいっていう思いでやった結果、皆さんがあの1話を見て「あっ!」と少しでも思ってくれたのであれば、それは本望だなぁと。

——仮面ライダーの時より佛田さんたち特撮班と話す機会は多いですか。

上堀内 多いです。例年はあんまりないみたいなんですけど、良くも悪くも僕はスーパー戦隊が初めてなので、1・2話のときも今回の映画の時も、特撮の現場にお邪魔して、僕も一緒に演出させてもらうということをやらせてもらってます。仮面ライダーだと基本的にはCG部分の合成をお願いするという立場なので。だから特撮の現場は新鮮でした。

——結構撮影は大変じゃないですか。

上堀内 特撮研究所の皆さんも大変だと思います。僕という余計な負担がやってくるわけなので。スケジュールも僕が空いている日ということで、特撮班の撮影の日も決めてもらわないといけなくなってくるから、迷惑は掛けてると思ってます。

文/村北恵子