• 超大型巨人のARも出現! 『進撃の巨人展FINAL』後期日程スタート!!
  • 超大型巨人のARも出現! 『進撃の巨人展FINAL』後期日程スタート!!
2019.08.01

超大型巨人のARも出現! 『進撃の巨人展FINAL』後期日程スタート!!

『進撃の巨人展FINAL』後期日程ではARも! (C)諫山創・講談社/進撃の巨人展FINAL製作委員会 (C)HK/AOTFE

諫山創による漫画『進撃の巨人』の5年ぶりとなる原画展『進撃の巨人FINAL』。森アーツセンターギャラリーにて開催中の本イベントの後期日程が8月5日(月)よりスタートするのに伴い、限定グッズのラインナップをご紹介! 
さらに六本木ヒルズ森タワー屋上スカイデッキにて、コラボレーション企画「進撃の巨人展FINAL×SKY DECK~超大型巨人襲来~」が期間限定で実施されることも決定。超大型巨人が出現するARバーチャル体験を満喫できる。

『進撃の巨人展FINAL』の公式グッズショップ「リーブス商会ロッポンギ直営店」では、この原画展のための限定グッズを150点以上用意している。8月5日(月)の後期日程スタートに合わせて、全ラインナップのグッズ情報を公式サイトにて発表した。

【後期日程グッズラインナップ ※一部】

■今治刺繍タオル FINALロゴ 価格:1800円+税
■ハンドクリーム エンブレム 価格:1500円+税
■マスキングテープ リヴァイ百景A 価格:500円+税
■イラスト壁/小B 価格:2500円+税
リーブス商会
▲今治刺繍タオル(左)/ハンドクリーム(左から2番目)/マスキングテープ(右から2番目)/イラスト壁(右)


また、8月6日(火)〜9月8日(日)の期間、六本木ヒルズ森タワー屋上スカイデッキにて、超大型巨人が出現するバーチャル体験ができるARイベントを実施する。約2分間、屋上スカイデッキと融合した迫力の『進撃の巨人』世界が堪能することができる。

2019年9月21日(土)〜12月1日(日)の期間、ひらかたパークのイベントホールで開催される『進撃の巨人展FINAL 大阪巡回展』の前売りチケットも販売中だ! 

▲マウスパッド&チケットホルダー(左)/クラッチバッグ&チケットホルダー(右)

グッズ付き前売りチケットとして、巨人展FINALのビジュアルクラッチバッグとチケットホルダーが付属した前売りチケット(6000円・税込)と、巨人展FINALビジュアルのマウスパッドとチケットホルダーが付属した前売りチケット(3500円・税込)の2種が、セブンネットショッピング限定で販売される。

(C)諫山創・講談社/進撃の巨人展FINAL製作委員会
(C)HK/AOTFE


【企画概要】
『進撃の巨人展FINAL』

開催期間:2019年7月5日(金)~2019年9月8日(日)
前期日程:7月8日(月)~8月4日(日)
後期日程:8月5日(月)~9月8日(日)
開館時間:会期中全日 10:00~20:00(最終入館19:00)
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
主催:進撃の巨人展FINAL製作委員会
特別強力:ぴあ株式会社
公式WEBサイト
Twitter



【チケット情報】
進撃の巨人展FINAL大阪巡回展 前売りチケット

開催期間:2019年9月21日(土)~12月1日(日) ※休館日有
会場:ひらかたパーク イベントホールⅠ
時間:10:00~18:00(最終入館17:00)
チケット販売期間:7月1日(月)10:00~12月1日(日)16:00

■通常版前売りチケット
料金:一般・大学生 1900円(税込)/中高生 1400円(税込)/4歳〜小学生 900円(税込)
販売場所:全国のセブン-イレブン、ぴあ、インターネット

■グッズ付き前売りチケット
販売場所:セブンネットショッピング限定

進撃の巨人展FINALビジュアル 巨人ver.クラッチバッグ+チケットホルダー付き前売りチケット
価格:6000円(税込)
※10月以降販売金額 6111円(税込)
進撃の巨人展FINALビジュアル 巨人ver.マウスパッド+チケットホルダー付き前売りチケット
価格:3500円(税込)
※10月以降販売金額:3565円(税込)



【作品概要】
『進撃の巨人』/原作:諫山創(『別冊少年マガジン』連載中/講談社)
圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人類の戦いを描いた、諫山創原作のダークファンタジーバトル漫画。2009年に『別冊少年マガジン』(講談社)に連載開始後、国内外で一大ムーブメントを巻き起こし、これを原作としたアニメ作品やスピンオフ作品、また直近ではハリウッド映画化決定でも話題を集めている。
コミック累計発行部数8000万部(国内。現在1〜28巻刊行)。連載10年目の今年、壮大な物語はいよいよクライマックスを迎えている。

アニメージュプラス編集部