• 『新サクラ大戦』〈倫敦華撃団〉に島﨑信長&沼倉愛美! ビジュアルほか情報解禁!
  • 『新サクラ大戦』〈倫敦華撃団〉に島﨑信長&沼倉愛美! ビジュアルほか情報解禁!
2019.08.23

『新サクラ大戦』〈倫敦華撃団〉に島﨑信長&沼倉愛美! ビジュアルほか情報解禁!

「倫敦華撃団・円卓の騎士」団長 アーサー(CV.島﨑信長) (C)SEGA

2019年12月12日(木)発売予定のPlayStation(R)4用ソフトウェア『新サクラ大戦』の、主人公達のライバルとなる「倫敦(ロンドン)華撃団」、彼らが搭乗する霊子戦闘機、大帝国劇場のマスコットキャラクター“大帝国ゲキゾウ”が解禁され、キャラクターデザイン担当のBUNBUN、杉森建のコメントも公開となった。

『新サクラ大戦』は、架空の“太正時代”の帝都・東京を舞台に、悪と戦う“帝国華撃団”の活躍を描く、ドラマチック3Dアクションアドベンチャー。主人公・神山誠十郎率いる“帝国華撃団・花組”が、帝都に現れた降魔や世界の各都市に誕生した華撃団と激突。“アドベンチャー”と“バトル”を繰り返し、ヒロインたちとの絆を育みながらストーリーを進めていく。

【アーサー(CV:島﨑信長)】
「倫敦華撃団・円卓の騎士」団長。18歳。
伯爵も輩出する騎士の貴族家系に生まれ、家伝の“神剣エクスカリバー”を受け継ぐ英国騎士。彼の通称「アーサー」も、神剣エクスカリバーとともに代々受け継がれてきた称号。騎士道精神の塊で、正々堂々を常とする。普段は真面目な英国紳士で女性からの人気も高いが、戦闘でひとたびスイッチが入ると、尊大で攻撃的な性格に変貌する。
(C)SEGA
(C)SEGA

【ランスロット(CV:沼倉愛美)】
「倫敦華撃団・円卓の騎士」団員。17歳。
勇猛果敢で好戦的な、倫敦華撃団の切り込み隊長。二刀を用いた苛烈な剣技が特徴で、黒い衣装に身を包んだ姿と合わせて「黒騎士」とも称される。元気で明るく、朗らかな性格で、物事をあまり深く考えない。我流で磨いた野性味と天性の無邪気さも併せ持ち、考えるよりも先に行動するタイプ。
(C)SEGA
(C)SEGA
(C)SEGA

■「倫敦華撃団・円卓の騎士」キャラクターデザイン/BUNBUN氏 コメント
今回「倫敦華撃団」のデザインを担当させていただきました、BUNBUNです。
『サクラ大戦』というたくさんのファンに愛された作品に参加させてもらうことは怖くもありうれしくもあり、とにかくどんなゲームになるかわくわくしています。今までこの作品を支えてきた皆さんと、新しくこの世界に訪れる皆さんが今作を楽しんでいただく一助になれたらうれしいです。倫敦華撃団が皆さんにお目見えし、遊んでもらえる日を楽しみにしております!

■『新サクラ大戦』開発チーム コメント
霧の都、倫敦。「倫敦といえば騎士」ということで、倫敦華撃団は騎士たちの集う華撃団です。英国紳士のアーサーと、野性味あふれるランスロットのコントラストが特徴的で、キャラクターデザインをご担当いただいた、BUNBUN氏にデザインをまとめ上げていただきました。他の華撃団と異なる、ロイヤルな雰囲気の衣装もご注目ください。

【霊子戦闘機「ブリドヴェン」】
倫敦華撃団が搭乗する霊子戦闘機。その姿は西洋甲冑をモチーフとしている。騎士のまとう高貴さを備えた外装が特徴で、各機体は剣を手に戦う。
ブリドヴェン
ブリドヴェン

【大帝国ゲキゾウ】
大帝国劇場(帝劇)のからくり宣伝人形。通称「ゲキゾウくん」。帝劇の「特命宣伝部長」に任命された神山が、マスコットキャラクターである「ゲキゾウくん」に変身。帝劇の宣伝活動や情報収集を行い、集客を激増させる!
ゲキゾウ
ゲキゾウくん

■「大帝国ゲキゾウ」キャラクターデザイン/杉森建 コメント

ゆるキャラ的な帝劇のマスコットをというご依頼でしたので、ゆるさと太正時代感とを軸に考えました。帝劇だけでなくセガのマスコットキャラとしても、アレックスキッド、ソニック、ペパルーチョのように広く長く愛されることを願っております。

■公式サイト
■公式Twitter

(C)SEGA



【商品概要】
商品名:新サクラ大戦
対応機種:PlayStation(R)4
発売日:2019年12月12日(木)発売予定
価格:
通常版・ダウンロード版 8800円+税
初回限定版・デジタルデラックス版 14800円+税
ジャンル:ドラマチック3Dアクションアドベンチャー
プレイ人数:1人
発売・販売:株式会社セガゲームス
CERO表記:審査予定

<スタッフ>
原作:広井王子
ストーリー構成:イシイジロウ
メインキャラクターデザイン:久保帯人
ゲストキャラクターデザイン:堀口悠紀子 他
音楽:田中公平

<キャスト>
阿座上洋平、佐倉綾音、内田真礼、山村響、福原綾香、早見沙織
梅原裕一郎、上坂すみれ、島﨑信長、沼倉愛美 ほか

アニメージュプラス編集部