• 350を超える作品群から600点以上を厳選展示!「画業50年“突破”記念 永井GO展」開催中!
  • 350を超える作品群から600点以上を厳選展示!「画業50年“突破”記念 永井GO展」開催中!
2019.09.20

350を超える作品群から600点以上を厳選展示!「画業50年“突破”記念 永井GO展」開催中!

(c)1967-2019 Go Nagai / Dynamic Production. All rights reserved.

『マジンガーZ』『デビルマン』『キューティーハニー』などなど、その作品を知らない日本人はほとんどいないであろうマンガ界の巨匠・永井豪の画業50年突破を記念した展覧会が上野の森美術館で9月29日(日)まで開催されている。

記念すべきデビュー作『目明しポリ吉』から最新作『デビルマンサーガ』まで、そのキャリアを600点以上の貴重な原画で振り返る展示は、いくら時間があっても足りないくらいのボリューム。『マジンガーZ』や『デビルマン』といった代表作はもちろん、『バイオレンスジャック』や『手天童子』『凄ノ王』といったSFバイオレンス、『オモライくん』や『まろ』『キッカイくん』といったギャグ、『ハレンチ学園』や『あばしり一家』といった世間を騒がせた問題作などなど、ファンならずとも知ってる作品の原画がこれでもかと惜しげもなく並べられている。

上野の森美術館に『へんちんポコイダー』や『まぼろしパンティ』と説明文が付けられた絵が展示されている爽快感たるや! 我らが豪ちゃん先生にしか出来ない展示になっているのは言うまでもないだろう。先んじて昨年開催された大阪展とも10数点差し替えられているので、そちらを観た人もバッチリ楽しめるようになっている。

さらにはCDのジャケットや小説『魔界水滸伝』の挿絵として描かれたイラスト、監督した映画『ドス竜』の絵コンテ、これまで発表された事のないラフスケッチ、忠実に再現された仕事場などなど見どころ満載だ。特に仕事場の壁には永井豪のイタズラ心がさく裂した秘密の絵がかけられており、見逃さないようにして欲しい。

また、今展のために描き下ろされた、様々なバージョンのシレーヌが一堂に会した巨大絵と、20ページのマンガ『デビューGO2』も注目だ。大阪展用に描き下ろされた『デビューGO』の続編にあたり、石森章太郎(現・石ノ森)のもとでアシスタントをしながらデビューを目指す若き永井GOの奮闘が描かれている。こちらは冊子になった物が図録の付録にもなっている。

一人の作家のイマジネーションがここまで広大な世界を描けるのかと圧倒されること間違いなし! 必見の展覧会だ!


▲最初に豪先生によるメッセージと描き下ろしカラーイラストがお出迎え。(c)1967-2019 Go Nagai / Dynamic Production. All rights reserved.

▲鬼・悪魔コーナーは魔界への入口のような演出が。(c)1967-2019 Go Nagai / Dynamic Production. All rights reserved.

▲キューティーハニーの原画の可愛さにノックアウトまちがいなし! (c)1967-2019 Go Nagai / Dynamic Production. All rights reserved.

▲ギャグコーナーは、豪先生デビュー作の『目明かしポリ吉』からスタート! (c)1967-2019 Go Nagai / Dynamic Production. All rights reserved.

▲思わず笑ってしまうギャグコーナーの原画の数々。(c)1967-2019 Go Nagai / Dynamic Production. All rights reserved.

▲デビルマンの世界では撮影スポットがあったり、魅力的な造形物が展示されている。(c)1967-2019 Go Nagai / Dynamic Production. All rights reserved.

▲アニメ版デビルマンと一緒に撮影しよう!(c)1967-2019 Go Nagai / Dynamic Production. All rights reserved.

▲マジンガーZがぐわっと現れるロボットコーナー。(c)1967-2019 Go Nagai / Dynamic Production. All rights reserved.

▲富士山バックの1メートル強のマジンガーZ、グレートマジンガー、グレンダイザーは圧倒的! こちらも撮影可スポット。(c)1967-2019 Go Nagai / Dynamic Production. All rights reserved.

永井 豪(ながい・ごう) Profile
1945年石川県輪島市生まれ。石ノ森章太郎のアシスタントを経て1967年「目明しポリ吉」でデビュー。1968年「ハレンチ学園」が大ヒット、その後も「マジンガーZ」「デビルマン」「キューティーハニー」「ドロロンえん魔くん」「ゲッターロボ」(原作を担当、作画・石川賢)、「バイオレンスジャック」「手天童子」「凄ノ王」「オモライくん」「イヤハヤ南友」「けっこう仮面」などジャンルを超えてヒット作を連発、アニメ化された作品も多く、日本を代表するマンガ家となる。以降も精力的に作品を発表、画業50周年を超えた現在も「デビルマンサーガ」を連載中。第47回日本漫画家協会賞文部科学大臣賞(全作品)を受賞。2019年7月、フランス政府より芸術文化勲章「シュヴァリエ」を受勲。


■開催概要
会場:上野の森美術館/東京都台東区上野公園1-2
会期:2019年9月14日(土)〜2019年9月29日(日)
入場料(税込):一般・大学生1600(1400)円/高校生・中学生1000(800)円 ※カッコ内は20名以上の団体料金 ※小学生以下無料 ※障がい者手帳をお持ちの方はご本人とその付き添いの方(1名まで)当日料金の半額

「画業50周年“突破”記念 永井GO展」公式サイト


(c)1967-2019 Go Nagai / Dynamic Production. All rights reserved.

文/今秀生