• 串田アキラ、デビュー50周年記念アルバム発売!アニメ・特撮・CMソングと50年走り続ける歌への想い〈後編〉
  • 串田アキラ、デビュー50周年記念アルバム発売!アニメ・特撮・CMソングと50年走り続ける歌への想い〈後編〉
2019.11.08

串田アキラ、デビュー50周年記念アルバム発売!アニメ・特撮・CMソングと50年走り続ける歌への想い〈後編〉

「串田アキラ デビュー50周年記念ベストアルバム Delight 」2019年11月6日(水)発売 

1969年のデビューから50年…『太陽戦隊サンバルカン』『宇宙刑事ギャバン』『戦闘メカ ザブングル』『キン肉マン』といった特撮・アニメ番組主題歌に加え、「富士サファリパーク」などのCMソングを数多く歌ってきた歌手・串田アキラ。デビュー50周年記念ベストアルバム「Delight」に収録される曲を中心に、歌手としての50年間、そして歌に対する想いを聞きました。今回は後編をお届けします。


◆アニメ曲もCM曲も串田節炸裂!


ーー『戦闘メカ ザブングル』以降、アニメの主題歌も増えましたね。アニメ曲は特撮曲と違う部分はありますか?

串田 曲自体みんな格好よかったので、全然違うとは思わなかったですね。強いて言えば、『キン肉マン』は変わってましたけど(笑)。これはヒーローの顔じゃないとかいろいろ思いつつ、EDの「肉・2×9・Rock’n Roll」も面白い曲だったし。「キン肉マン Go Fight!」のほうは、けっこう好きに歌い上げましたね。「愛がなければ」とか、そういうところとかですね。

ーー『キン肉マン Go Fight!』は格好いいけど、面白いところもあります。

串田 絵を見ちゃってるから、歌うときもどちらかというとそっちになってくるんですよね。「愛がなければ」って歌ってるんですが、あの絵が浮かんでくるんです。そうなるとやっぱり、でもその中でも楽しく歌わなくちゃっていうのがありましたね。あとは『ザブングル』の歌詞の内容、すごくいいんですが、難しかった。レコーディングの時、どういう意味なんだってわからなかったんですね。動かない絵しかなかったですから。やっぱり、作品を見ないとよくわからないなって。OPの「疾風ザブングル」は勢いで歌ったんですが、EDの『乾いた大地』はどういうことなんだろうって思いながら歌っていましたね。

ーー『ザブングル』は、一度滅びた地球で人間たちがまた…っていう話ですからね。

串田 そうなんですよね。すごいことが起きてるっていう状態の後だから、人間味のある曲かなと思って歌いました

ーー他にもいろいろな特撮、アニメ番組の主題歌を歌われていますが、串田さんが記憶に残っているというか、そういう曲はありますか。

串田 『宇宙刑事シャリバン』の「強さは愛だ」には思い出があります。『サンバルカン』のバルパンサーのスーツアクターの方が大怪我をして再起不能と言われてたらしいんですが、病院でいつも「強さは愛だ」を聴いていて、すごく勇気が湧いたと。それでスーツアクターとして復活して。40周年ライブのときにもステージに来てくれて、バク転やってたりしてくれました。力になれてよかったなって。ほかにも、スーツアクターの方や役者さんでもいろいろな、海外ロケに行ったときに、過酷な現場でホームシックにかかっちゃう。そういうときに僕の歌を聴くと、「立ち止まるな、弱音をはくな」という歌詞がぐさっと来て励まされたとか、そういうことを言ってくれますね。

ーー本当にそうですね。このへんの曲は自分も聴いて、勇気をもらうことがあります。そんな曲がたくさん収録されているアルバムの中には「富士サファリパークCMソング」も収録されています。

串田 そうですね(笑)。『キン肉マン』の歌を知らない人も、これは知ってるかもしれないと思ってね。イベントなどで歌うと「あ、これ知ってる」ってなるんですよ。年代によって、特撮とかアニメとかそういうのを全然知らない方も、たとえばお子さんとかお孫さん連れで来てる年配の方もいらっしゃるんですよ。そういう時にそういう曲をやると「ああ!」ってなったりしますね。富士サファリパークの開園から、やっていますからね。来年、40周年なんだそうです。ずっとテレビで流れて、だから知っている方も多いのは、ありがたいです。

ーーなるほど。CMソングは昔から現在まで、いろいろやられていますよね。

串田 相当やりましたね。そんなに長い曲はなかったですが、商品名、ロゴだけわーっと言ったりとかそういうのは多いです。

ーーCMソングというのも難しいんじゃないかなと思うのですが。

串田 たとえば商品だったり、場所だったり、そのイメージとかそういうのを考えるんですけれど、まだ商品もないし、行ったこともないし。そこが難しかったですね。昔は力強い、トラックとかそういうのが多かったです。お菓子は、僕の声だったら美味しそうにならないんじゃないかな(笑)。あまり「わーっ」って言ったら。まあ「チョコモナカジャンボ」とかは、迫力のある感じでやりましたね。

ーー最新のCMソング『サッポロ 麦とポップ』の「僕らのうまさはここにある」も収録されています。

串田 これはやっぱり美味しそうに歌わないと(笑)と思って歌いました。やっぱりCMソングは、商品っていうのを大事にして歌わないとダメなんだなって、改めて思いました。

ーーテレビで自分のCMが流れてきたりするとどんなお気持ちなんですか?

串田 やっぱり最初は照れますね。でもだんだん慣れてくると、やっててよかったなって思いますね。あとは、商品が売れてくれたらいいなとか(笑)。

アニメージュプラス編集部