• これからの季節に大活躍! 除雪機とスーパー戦隊歴代ブルーのコラボCMの放送が拡大!
  • これからの季節に大活躍! 除雪機とスーパー戦隊歴代ブルーのコラボCMの放送が拡大!
2019.11.02

これからの季節に大活躍! 除雪機とスーパー戦隊歴代ブルーのコラボCMの放送が拡大!

(C)石森プロ・東映 (C)東映

ヤマハモーターパワープロダクツは、2019年9月1日から、北海道、東北エリアを中心に、ヤマハの『青い除雪機』と東映スーパー戦隊ヒーローの歴代“ブルー”がコラボレーションしたTVCMを展開中。11月1日からは、エリアを福島、北陸(富山県、石川県、福井県)山陰地域(鳥取県、島根県)まで拡大して放送開始する。

ヤマハ除雪機は、1978年に販売を開始して以来、除雪性能や信頼性の高さ、扱いやすさで降雪地域の家庭などに幅広く普及。白い雪面に映えるブルーのボディカラーから“青い除雪機”と呼ばれ親しまれてきた。
また東映のスーパー戦隊ヒーローシリーズも1975年から放映されている人気シリーズだ。

昨年放送された『除雪は青の時代』篇に登場したアオレンジャー、チェンジペガサス、ギンガブルー、ハリケンブルー、シンケンブルーの5名に加え、『ゴセイブルー』と『ゲキブルー』の2名が新たに登場する。

販売店やホームセンターでは、ブルーの戦士たちがPOPやのぼりにも登場するそう。
雪国ではそろそろ冬支度が始まる頃、“青”で繋がったこの企画が除雪機市場を盛り上げる。

(C)石森プロ・東映 (C)東映

▼『除雪は青の時代 青の除雪機発進篇』


■登場する7人の“ブルー”戦士

・アオレンジャー(1975年 秘密戦隊ゴレンジャー)
・チェンジペガサス(1985年 電撃戦隊チェンジマン)
・ギンガブルー(1998年 星獣戦隊ギンガマン)
・ハリケンブルー(2002年 忍風戦隊ハリケンジャー)
・シンケンブルー(2009年 侍戦隊シンケンジャー)
・ゲキブルー(2007年 獣拳戦隊ゲキレンジャー)NEW
・ゴセイブルー(2010年 天装戦隊ゴセイジャー)NEW

■ヤマハ除雪機{YSFシリーズ}について
ヤマハ除雪機の人気モデル『YSF』シリーズは、『YSF860』『YSF1070T』『YSF1070』と、除雪ブレードを標準装備した『YSF860-B』『YSF1070T-B』の5モデル。住宅地などで好評の静音ボディを設計変更し、白い樹脂製トップカバー採用などによる外観向上、メンテナンスの利便性向上、吸気経路の最適化、などを実現。さらに、エンジンの始動性向上と回転音低減をはかり、いっそう親しみやすく上質なイメージに仕上げている。

アニメージュプラス編集部

RELATED関連する記事

RANKING

人気記事