• 『仮面ライダーゼロワン』よりAIロボになりきれる 『DXヒューマギアモジュール』発売!
  • 『仮面ライダーゼロワン』よりAIロボになりきれる 『DXヒューマギアモジュール』発売!
2019.11.01

『仮面ライダーゼロワン』よりAIロボになりきれる 『DXヒューマギアモジュール』発売!

(C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系列にて毎週日曜9時より放送中*一部地域を除く)より、劇中に登場するAIロボ“ヒューマギア”が装着しているアイテム『DXヒューマギアモジュール』の予約受付が2019年11月1日(金)11時にバンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて開始した。

本商品は、装着することでヒューマギアのなりきり遊びができるアイテムだ。
左右のヘッドセットには、モード切り替え用スイッチとボタンが搭載され、LED発光や音声が発動。

右側のヘッドセットでは、音声の発動とモード切り替えが可能で、スイッチを“ノーマルモード”に設定しボタンを押すと、「社長秘書のイズでございます」「さすが或人社長!」など秘書型AIアシスタントのヒューマギアであるイズ(演・鶴嶋乃愛)の台詞や、「人は心の支えがないと生きていけない。AIはそれをもたらしてくれる。つまりは、愛だな! ええっ…愛だ!(或人)」「えー…あい…ええ愛…はいっ! アルトじゃ~ないと!(イズ)」など、主人公・飛電或人(ひでん あると/演・高橋文哉)とイズの掛け合いの音声が発動する。

また、“滅亡迅雷モード”に切り替えると「君の仕事は…人類滅亡だよ」など、テロリスト集団“滅亡迅雷.net”の迅(じん/演・中川大輔)の音声が発動。
ノーマルモードと滅亡迅雷モード合わせて40種類以上の劇中台詞・音声が収録されている。

左側のヘッドセットでは、LED発光のモード選択が可能。
スイッチをノーマルモードに設定すると、通常時の青いLEDが発光し、滅亡迅雷モードに設定すると、劇中でヒューマギアが“滅亡迅雷.net”によってマギア化する際の、赤いLED発光に切り替わる。

頭部固定用のアタッチメントパーツは、長さ調整を行うことで子どもから大人まで装着することが可能で、ヒューマギアの身体に印刷されているコードと同じデザインの「ヒューマギアボディーシール」も付属。『DXヒューマギアモジュール』と合わせて、さらにヒューマギアへのなりきり遊びを楽しむことができる。


■商品概要
ノーマルモード
▲ノーマルモード
滅亡迅雷モード
▲滅亡迅雷モード
装着イメージ
▲装着イメージ

商品名:DXヒューマギアモジュール
予約期間:2019年11月1日(金)11時~2019年11月25日(月)23時予定
商品お届け:2020年3月予定
価格:5280円(税込)※送料・手数料別途
対象年齢:3才以上

<セット内容>
ヒューマギアモジュール右ユニット…1
ヒューマギアモジュール左ユニット…1
アタッチメントパーツA…1
アタッチメントパーツB…1
ヒューマギアボディーシール…1シート
取扱説明書…1

<商品サイズ>
ヒューマギアモジュール…各H約135mm×W約137mm×D約33mm
アタッチメントパーツA…H約96mm×W約192mm×D約25mm
アタッチメントパーツB…H約88mm×W約201mm×D約25mm
ヒューマギアボディーシール…H約105mm×W約95mm

<商品素材>
ヒューマギアモジュール…各ABS、PC
アタッチメントパーツ…各PP
ヒューマギアボディーシール…PP
発売元:株式会社バンダイ

■商品販売ページ

(C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

アニメージュプラス編集部