• 身食いという病気とは…『本好きの下剋上』第10話あらすじ・先行カット到着!
  • 身食いという病気とは…『本好きの下剋上』第10話あらすじ・先行カット到着!
2019.11.28

身食いという病気とは…『本好きの下剋上』第10話あらすじ・先行カット到着!

(C)香月美夜・ TO ブックス/本好きの下剋上製作委員会

10月より放送が開始された今期アニメ『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』(以下、『本好きの下剋上』)より、第10話のあらすじとたくさんの先行カットが公開された。

WOWOWの放送が1話先行しており、TV放送版の視聴者は、第九章『ギルド長の孫娘』が次回の放送となる場合がある。

原作は、香月美夜による小説でシリーズ累計200万部(電子書籍含む)を突破、“このライトノベルがすごい!(宝島社刊)”単行本・ノベルス部門で2018年から2年連続第1位の話題作。

本が大好きな女子大生が念願の司書になる直前に亡くなり、中世ヨーロッパ風の異世界に兵士の娘マインとして転生。厳格な身分制度の中、現代日本の知識を駆使して本を手に入れるため奮闘する物語。

<第10話あらすじ>
第十章『二度目の冬に向けて』
すっかりフリーダに気に入られたマイン。フリーダの話から、マインは身食いという病気だったことが分かる。
治すためには、多額のお金がかかるらしい。そのことに気づいていたベンノは、商品についてのマインの情報を買ってくれる。
さらに髪 飾りの注文を受け、新しい商品のアイデアも次々と考えていくマイン。だが 、そんな最中にも身食いの熱はマインを蝕んでいき。

脚本/國澤 真理子、絵コンテ/本郷 みつる、演出/うえだしげる、総作画監督/遠藤 江美子、作画監督/近藤 優次、松本 朋之

<STAFF>
原作:『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』(TOブックス刊)
著者:香月美夜/イラスト:椎名 優
監督/本郷みつる 副監督/川崎 芳樹 シリーズ構成/國澤真理子

<CAST>
マイン:井口裕香/フェルディナンド:速水 奨/トゥーリ:中島 愛/エーファ:折笠富美子/ギュンター:小山剛志/ルッツ:田村睦心/ベンノ:子安武人 /オットー:日野 聡/マルク:前野智昭/フリーダ:内田彩

▼ティザーPV公開中


▼番宣CM公開!


▼本PV公開!


<放送情報>
WOWOW:10月2日より毎週水曜日24:30~ ※第1話は無料放送
ABCテレビ:10月5日より毎週土曜日 26:10~ AT-X:10月9日より毎週水曜日20:00~(リピート放送:毎週金曜日12:00~/毎週月曜日28:00~)
TOKYO MX:10月9日より毎週水曜日22:00~
BSフジ:10月10日より毎週木曜日24:00~
※放送時間は局の都合により、変更になる可能性がございます。

アニメージュプラス編集部