• 『旗揚!けものみち』キャラソン収録を終えた八木侑紀のインタビュー到着!
  • 『旗揚!けものみち』キャラソン収録を終えた八木侑紀のインタビュー到着!
2019.12.13

『旗揚!けものみち』キャラソン収録を終えた八木侑紀のインタビュー到着!

(C)2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

AT-X、TOKYO MX他にて現在好評放送中のTVアニメ『旗揚!けものみち』より、&EDテーマのTVサイズやキャラクターソング、ドラマを収録したアルバムが12月18日(水)に発売される。この度、キャラクターソング収録後の八木侑紀さん(花子役)のインタビューが公開された。

アニメ『旗揚げ!けものみち』は突如異世界に迷い込んだプロレスラー・ケモナーマスクが、動物たちを愛する心をもって数々の困難に立ち向かう、異世界ファンタジー。2019年10月より好評放送中だ。

先日紹介したシグレ役・関根明良さんのレコーディングレポート第1弾に続き、第2弾として、花子役・八木侑紀さんのインタビューを紹介する。

【インタビュー第2弾 八木侑紀さん(花子 役)】
ーー演じている花子について、その魅力はどんなところだと思いますか?
花子は見た目からして、ものすごくかわいくて、原作を読ませていただいたときから花子が一番好きで…。オーディションのときも、こんなかわいい子を受けられるんだ! という嬉しさがまずあったんです。
漫画の印象では、どちらかというとお嬢様というところが全面に出ているような気がしたんです。服装やしゃべり方も「~ですわ」口調だったので。だからお嬢様気味に演じていたんですけど、どちらかというと腹ぺこな女の子を全面に出してくださいと、オーディションのときも本編が始まってからもディレクションがあったので、お嬢様というより、ただの食いしん坊な女の子として演じるようになっていったんです。でも、そこが一番かわいいところなんですよね! 
いっぱい食べる君が好き! みたいな感じで、ツイッターを見ていても花子がたくさん食べているところがかわいいというコメントをたくさん見るので、食べるのに比例してかわいさが増していく不思議な女の子です。

ーーどんな腹ぺこディレクションが入るんですか?
グリフォンを食べるときに「かじってる部位を想像してください」みたいな? 「足をかじるのか、腕をかじるのかできっと食感が変わるから」と言われて、なるほど! と思いました。

ーー細かい。でも、あれだけ食べてくれると気持ちはいいですよね。
ただ、花子をやり始めてから自分の食事量が増えてしまって…(笑)。食費はかかるし体型維持が大変! っていう(笑)。『旗揚!けものみち』の収録があったときの晩御飯はめちゃめちゃ食べてましたね。これまで家系ラーメンも全部食べきれなかったんですけど、それを全部食べられるようになってしまって、家系ラーメン美味しいな! って思いました。

ーーちなみに、八木さんの大好物は?
人生で一番好きな食べ物、死ぬ前に食べたいのは、さくらんぼの佐藤錦です(笑)。

ーーかわいらしい。そして今回のCDにはCDドラマ『狂竜病は怖いよ!』が収録されるそうですね。
TVアニメのアフレコは終わっていたので久しぶりで不安もあったんですけど、最初から一気に『旗揚!けものみち』の世界に入り込めました。それはもちろん、小西(克幸)さんが引っ張ってくださったからというのはあるんですけど、とにかく自由に! ドラマCDなので、いつもより自由にやっていました。

ーー内容的にはいかがでした?
面白かったです! アニメでは出てこなかったシグレのセクシー要素もあったりして。それと原作にはあるんですけどアニメに盛り込めなかった部分もCDドラマにはぎゅぎゅっと盛り込まれているので、原作と合わせて聞いてもらえると嬉しいです。

アニメージュプラス編集部