• 矢崎広、生駒里奈W主演の舞台『モマの火星探検記』コメント・レポ到着!
  • 矢崎広、生駒里奈W主演の舞台『モマの火星探検記』コメント・レポ到着!
2020.01.08

矢崎広、生駒里奈W主演の舞台『モマの火星探検記』コメント・レポ到着!

矢崎広、生駒里奈W主演の舞台『モマの火星探検記』 コメント・レポ到着!

2020年1月7日(火)東京・サンシャイン劇場にて、少年社中・東映プロデュース 舞台『モマの火星探検記』が開幕。原作者である毛利衛、脚色・演出の毛利亘宏(少年社中)、本作のW主演である矢崎広、生駒里奈の計4名が登壇した囲み取材でのコメント、ゲネプロリポートを紹介する。

宇宙飛行士の毛利衛氏が書いた児童文学『モマの火星探検記』を原作として、主人公『モマ』が火星での冒険を振り返る物語と、少年社中が過去に上演した宇宙を夢見る少女「ユーリ」が主人公の物語『ハイレゾ』をミックスした本作。
2012年に初演、2017年に再演され好評を博した作品を、2020年という東京オリンピックイヤーの年に、規模を拡大して2020年1月・2月、東京・愛知・大阪・福岡の全国4都市にて新たに上演する。

本作は、宇宙をめぐる2つのストーリーが交差するストーリー。
父との約束を果たすために人類初の火星探検に挑む“宇宙飛行士・モマ”。宇宙に憧れて仲間と共に小型ロケットを作る“少女・ユーリ”。

モマは宇宙飛行士たちと火星に向かう中で、「人間はどこからきたのか、なんのために生きているのか」の答えを見つけようとする。
ユーリは試行錯誤を続けるロケット作りの最中に「幽霊」と出会い、対話を繰り返す中で帰らぬ人となった宇宙飛行士の父親に想いを馳せる。
ふたりの行動はやがて、お互いの物語へと繋がっていく……。

脚色・演出の毛利亘宏が、照明効果や力強いダンス、印象的な音楽を組み合わせることによって、宇宙空間を見事ステージに描き出す。特に出演者全員でロケットを打ち上げるオープニングは必見だ。細部までこだわりを感じる衣裳や舞台装置も見どころなので注目して欲しい。

悩める青年・モマを矢崎広が感情豊かに、明るさと健気さを持つユーリを生駒里奈がひたむきに演じている。火星探検に向かうモマの仲間たち、ユーリと一緒に夢中でロケットを作る子どもたちは、少年社中のメンバーと注目の俳優陣が熱演。観客をロマンあふれる宇宙へと導く。

物語が交差していくワクワク感と、宇宙空間を表現する演出の美しさ、登場人物がそれぞれに抱える感情。心が揺さぶられる場面が必ず見つかるステージだ。

劇場空間が宇宙になる――。今作で観客はつかの間の宇宙旅行にいくことになる。

カメラマン/金丸 圭