• 『本好きの下剋上』第2部の新キャラ担当キャストからコメント到着♪
  • 『本好きの下剋上』第2部の新キャラ担当キャストからコメント到着♪
2020.01.10

『本好きの下剋上』第2部の新キャラ担当キャストからコメント到着♪

(C)香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

TVアニメ第2部の放送が2020年春に決定している『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』(以下、『本好きの下剋上』)から、第2部に登場する新キャラクターと担当キャストが公開され、担当キャストからコメントが到着した。

原作は、香月美夜による小説でシリーズ累計200万部(電子書籍含む)を突破、“このライトノベルがすごい!(宝島社刊)”単行本・ノベルス部門で2018年から2年連続第1位の話題作。

本が大好きな女子大生が念願の司書になる直前に亡くなり、中世ヨーロッパ風の異世界に兵士の娘マインとして転生。厳格な身分制度の中、現代日本の知識を駆使して本を手に入れるため奮闘する物語。

<第2部新登場キャラクター>

●ギル(CV.三瓶由布子)
孤児院からマインの側仕えに召し上げられた灰色神官見習い。
素行が悪く、これまでに何度も「反省室」行きになっている。
側仕えになれば神の恵み(食事)が与えられると思っていたが、マインが下町からの通いを条件に神殿入りしたため、ひと悶着が起きる。
これをきっかけに、「働かざるものを食うべからず」というマインの哲学に触れることになる。ちょっと口が悪くて喧嘩っ早いが、根は素直で仲間思い。

●フラン(CV.狩野 翔)
神官長に付けられたマインの筆頭側仕えの灰色神官。
マインに仕える前は神官長の筆頭側仕えで、神官長に心酔している。
そのため、最初はマインに対して心を頑なに閉ざしている。
ルッツに教えられ、神殿でマインの体調管理を行う。
マインの言動には神官長同様振り回されているが、神殿の常識にとらわれない柔軟な発想に驚きつつも、感心 させられている。
慎み深く、思慮深い。

●デリア(CV.都丸ちよ)
神殿長に付けられたマインの側仕えの灰色巫女見習い。
マインの情報を神殿長へ流すように言われている。
神殿という特殊な環境で育ったため、権力者に媚びるのが最良の生き方という価値観の持ち主。そのため、幼くても女を武器にすることが当然と思っている。夢は神殿長の愛人になること。
「もー」が口癖で、しょっちゅう指で髪をくるくるさせている。

アニメージュプラス編集部