• 大型モンスターにも会える! 『モンハン』15周年イベント詳細公開
  • 大型モンスターにも会える! 『モンハン』15周年イベント詳細公開
2020.01.13

大型モンスターにも会える! 『モンハン』15周年イベント詳細公開

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. Sound Design by Soundelux Design Music Group

大日本印刷とカプコン、ネイキッドは、カプコンの人気ゲームシリーズ『モンスターハンター』15周年イベント『DNP Produce MONSTER HUNTER × NAKED 「モンスターハンター15周年展」 - THE QUEST -』を、横浜駅みなみ東口直通の複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」で2020年2月4日(火)~3月1日(日)まで開催する。

2004年に第1作が発売されて以来、世界中でファンを魅了するヒット作となった『モンスターハンター』シリーズ。「友人と協力して強大なモンスターに挑む」という通信協力プレイが新たなコミュニケーションスタイルを確立し、「モンハン現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こした。
2019年9月6日(金)には新作『モンスターハンターワールド:アイスボーン』がリリースされ、歴戦のプレイヤーたちは新たな狩猟生活をスタートさせている。

この度開催される「モンスターハンター15周年展」 -THE QUEST-は、 モンスターハンター15周年を記念して開催される期間限定の体感型イベントだ。2019年10月に13日間限定で秋葉原にて開催し、惜しまれながら幕を閉じた当イベントが、横浜「アソビル」にて開催される。

イベントでは、秋葉原でも好評だった『モンスターハンター』シリーズに登場する代表的なフィールドを、美術造作・映像・プロジェクションマッピングなどのさまざまな手法で再現する<体感エリア>、15年間の歴史を振り返る貴重な造作や資料など、ハンター装備と共にシリーズの歴史を感じられる<展示エリア>の2つのエリアが登場。

体感エリアでは、「森」「砂漠」「海」「火山」「雪山」の5つのフィールドを再現し、参加者をゲームの世界に引き込む。没入感を生み出すために、『匂いと音の表現』といった嗅覚や聴覚を刺激する演出や、映像演出に合わせた「温度」「吹雪」「風」「スモーク」「香り」「振動」などの本イベントならではの『大迫力の4D体験』を楽しむことができる。
歴代作品に登場した大型モンスターたちが来場者の間近に迫る、映像技術を駆使した映像は全て15周年展用の完全撮り下ろしとなっている。間近で視聴できるだけでなく、モンスターたちの迫力を様々な表現技法によって演出し、ゲーム中のフィールドに入り込んだような没入感を表現。イベントでしか出会えない、細部までこだわったモンスターの躍動感あふれる動きを楽しむことができるエリアとなっている。

体感エリアの道中ではハンターたちの体力を回復できる「回復ミツムシ」が出現、ゲーム中の体験が再現されている。「回復ミツムシ」の映像を触ると、お腹に抱えた蜜が弾けるインタラクション演出が施されている。
360°プロジェクションマッピングの映像演出とサラウンド音響で砂漠・海・火山のフィールドに切り替わり、ここでしか味わえない没入体験を楽しむことができる。間近で勃発するモンスターたちの縄張り争いや、水中をグルグルと泳ぎ回るラギアクルスは迫力満点だ。

また、前回好評だった大型モンスターの「痕跡探し」が今回も登場! 会場内の壁や床に会場配布のブラックライトを照らして様々なモンスターの痕跡を探す、ハンターの気分になりきれるコンテンツだ。

アニメージュプラス編集部