• アップアップガールズ(2)佐々木ほのかが語る過去の自分と夢【後編】「最初から夢は世界一のアイドル!」
  • アップアップガールズ(2)佐々木ほのかが語る過去の自分と夢【後編】「最初から夢は世界一のアイドル!」
2020.01.13

アップアップガールズ(2)佐々木ほのかが語る過去の自分と夢【後編】「最初から夢は世界一のアイドル!」

佐々木ほのか/2006年1月30日生まれ。福岡県出身。中学2年生、13歳。アプガ(2)の2期メンバーとして、2018年4月21日加入。愛称は、ほーちゃん。自称、あなただけの妹!? 特技:ダンス、博多弁、空手(全空連少年部初段)

アップアップガールズ(2)単独インタビューシリーズ、第5弾は、最年少メンバーのほーちゃんこと、佐々木ほのかちゃん!! 不思議ちゃん的な印象を持たれやすい彼女ですが、インタビューには真剣に答えてくれ、アイドルに本気で取り組んでいることがわかりました。ほーちゃんがフィーチャーされている8thシングル「世界で一番かわいいアイドル/し・て・る・も・ん」のことから、アプガ(2)に入る前のこと、モーニング娘。への想い、アイドルへの想い、そして現在の自分に関して、1時間30分のロングインタビューです!! 前後編の【後編】をお届けします!


【前編】はこちらから
https://animageplus.jp/articles/detail/29839



■今の自分に繋がっていること

佐々木 でもモーニング娘。さんきっかけで、アップアップガールズ(仮)という存在も知ったんです。モーニング娘。さんの動画を見ていた時にオススメに、アップアップガールズ新メンバー募集の動画が、毎回出てきていたんですよ!

――なるほど! それでオーディションを知ったと!

佐々木 でも年齢制限が小学六年生からだったんで、ダメじゃんって。でも“夢をあきらめられない子は何歳でもOK”みたいなことが書いてあったので「あれ? いけるんじゃん!」って! マミーに受けたいって言って、受けさせてもらうことになって、そうしたらまさかの研修生になることができました!

――あきらめずに受けて、大正解でしたね!

佐々木 でも「研修生? おん? 研修生とは?」ってなったんですよ(笑)。私はとにかく、早くデビューしたかったんですよ。デビューというか……踊りたくてしょうがなかったんですよ! 中学生に上がると同時に東京に出るか、それとももっと研修して高校生になってから東京に出るか、と言われて。わたしはもちろん、中学生で東京来たかったんですけど、父親がダメだと。それに、東京に行っても友達もゼロだし、どうしようが悩んだんです。でもまあ、友達とかは別にいなくてもいいかなって……アイドルという道があるしと考えたり。すごく悩みました。毎晩、泣いてた……んじゃないんですかね(笑)。

――泣いてたんですね!?

佐々木 泣いてましたね(笑)。人生で一番頭使いましたね。東京に行ってアイドルになりたいという想いはあったんですけど、なんか心がついていってないというか。

――研修生に決まってからのほうが、悩んでいたんですね。

佐々木 はい。それに、デビューしてからも、どうするんだろうというのがありました。アプガ(仮)姉さんの追加メンバーはないだろうなと。アプガ(2)は5人で進んで行こうってなっていたので、そこにいきなり中学生が入っても……ファンの中にも「なんで中学生入れるんだよ」って人は絶対いるでしょうし「5人が好き」っていう人もいるでしょうし。そこでわたしがやっていけるかどうか。さっきも言いましたけど、わたし基本はネガティブなんで、そういうことばかり考えちゃって。

――そういう不安を抱えて、研修生をやっていたんですね。

佐々木 でも最後には、みなさんに受け入れられなかったとしても、認めてもらえるまでがんばろうと決意しました。

――! 決意したのは、いつ頃なんですか?

佐々木 小学六年生の冬休みくらいだったと思います。小学校卒業して、東京に出ると決めました。東京に出るんだったら、やっぱり今だって。

――小学校卒業して、東京に出てくるというのは、本当にすごい決断だったと思います。

佐々木 アイドルは絶対に続けたいと思っていたので……オーディション受けて、合格して、東京に行けないから辞めるっていうのは、わたしとしてはしたくなかったんです。だから、父親もなんとか説得して……。

――どう説得したんですか?

佐々木 ……え!? どんな感じだったですかね? どう説得したかは、正直覚えていなくて。わたし、けっこう本気になると、記憶がなくなっちゃうんですよね。

――そうなんですね(笑)。研修期間の約1年間は、学校に行って、週末は福岡から東京に通ってレッスンしてという感じだったんですよね。忙しくて、イヤになったりはしなかったんですか?

佐々木 それはなかったですね。わたし、忙しいほうがいいんですよ。

文/岩岡としえ