• ディセプティコンの情報参謀『サウンドウェーブ』のスタチューが登場!
  • ディセプティコンの情報参謀『サウンドウェーブ』のスタチューが登場!
2020.01.17

ディセプティコンの情報参謀『サウンドウェーブ』のスタチューが登場!

(C)2020 TOMY. (C)2018 Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. TM & (R)denote Japan Trademarks. Manufactured under license from TOMY Company, Ltd. For sale in Japan only

豆魚雷は、プライム1スタジオ社が企画・制作・発売する『ミュージアムマスターライン/BUMBLEBEE: サウンドウェーブ&ラヴィッジ スタチュー MMTFM27』『同EXバージョン』の国内における総代理販売を行う事が決定した。

ド迫力なスケール感と繊細なディテールで多くのファンを圧倒させ続けているスタチューメーカー、プライム1スタジオ。デビュー作となる『トランスフォーマー/リベンジ』メガトロン ポリストーン スタチューは世界中のスタチューファンが集うファンサイトの投票でその年のグランプリに輝くなど、まさに世界中が注目する日本発となるスタチューメーカーだ。『トランスフォーマー』、『バットマン アーカム』シリーズを始め、近年では『ヱヴァンゲリヲン』など日本コンテンツにも積極的に立体化を行っている。

そんなプライム1スタジオが放つ、映画『トランスフォーマー』シリーズのミュージアムマスターライン新作として、2019年公開映画 『BUMBLEBEE/バンブルビー』よりサウンドウェーブが登場! サウンドウェーブはTF達の母星「サイバトロン」で、オプティマス・プライムらオートボットを強襲したディセプティコンの情報参謀だ。

今回、普段は胸に格納されているカセットロン「ラヴィッジ」を従えた姿を、3D立体造形で製作。よりオリジナル(G1時代)を踏襲しながらもアレンジを加えたデザインを、あます事無くディテール再現。サウンドウェーブ頭部、ラヴィッジ頭部共に LEDライトアップを内蔵し、赤く怪しく発光する。ラヴィッジはベース以外の場所でも、独立してディスプレイが可能な安定感だ。

EXバージョンでは胸部収納形態のラヴィッジが追加付属。サウンドウェーブに収納不可ながらも、その存在だけでもプレミアムな価値を演出する。

(C)2020 TOMY. (C)2018 Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. TM & (R)denote Japan
Trademarks. Manufactured under license from TOMY Company, Ltd. For sale in Japan only

アニメージュプラス編集部