• ED『桃色片想い』カバー秘話! 寺田悠輔&ファイルーズあい対談
  • ED『桃色片想い』カバー秘話! 寺田悠輔&ファイルーズあい対談
2020.01.22

ED『桃色片想い』カバー秘話! 寺田悠輔&ファイルーズあい対談

(C)平尾アウリ・徳間書店/推し武道製作委員会


ーー続けてEDテーマ『○桃色片想い○』についてお伺いさせて下さい。

寺田 EDは、早い段階からイメージがあって、最初は “オタクの心の叫びロック” みたいな曲をやりたかったんです。シャウト的なものではないですけど、心の声がこぼれ出ているような感じのもので。ただ、シナリオ打ち合わせなどをしていくうちに、本編後に直結する曲としては、もう少ししっとりした雰囲気の方が合うのかなと感じるようになったんです。

ーーオタク側が歌うEDというコンセプトがまず最初にあったのですね。

寺田 そうですね。また、アニメの制作が進むにつれて、色々な人と『推し武道』の話をする機会が増えていったんですけど、どうしても作品の外側だけを取ると、ニッチな内容のものに思われがちだったんです。内容説明の際に「地下アイドルで」「岡山が舞台で」「オタクが主人公で」といった話をすると、「お客さんが限られそうだね」と言われることが何度かありました。
でも僕はこの作品は、「人を応援する」というシンプルな構図のドラマだと思っていて、そういったこの作品の本質を、どうやったらこの人たちにも伝えられるだろうかと模索していたんですね。そこでひとつ思いついたのが、既存の恋愛ソングをお借りして、それを「“推しを想うオタクの感情”と重ねる」ということでした。そこが重なれば、「推しを想う」という行為は誰でも共感し得ることなんだ、というのが、オタク以外の人にもより伝わりやすくなるのではと思ったんです。そこがカバーという選択肢のスタート地点でした。

ーーカバーを選んだのにはそういった背景があったんですね。

寺田 その上で、みなさんが知っているような恋愛の曲で、えりぴよの想いがうまく乗りそうな曲を探していたところ、松浦亜弥さんが歌われていた『○桃色片想い○』が浮かびました。片想いの歌詞に「推しを想うオタクの感情」も乗るのではないかと思ったんです。あとは2番の歌詞に「好きな人と上手く会話ができない」といったような内容の歌詞があるのですが、これも特典会に重なるんじゃないかと。

ファイルーズ 私もそう思いました! あのシーンが浮かびますよね。

寺田 そういった細かなところでも、作品要素と重なりそうなところが多かったんです。舞菜のメンカラーがサーモンピンクなので、「○鮭桃色片想い○」として解釈できそうだなとか、あとは舞台が岡山なので桃も重なりそうだなとか。そういった引っ掛かりもあったので、作品スタッフとも相談してからカバーの申請をさせていただきました。許諾をしてくださったみなさんには感謝しています。

ファイルーズ 松浦亜弥さんの曲は私が小学生の時に流行っていたのですごく聴いていました。でもまさか自分がカバーさせていただけるなんて思わなかったです。「EDはカバー曲にする」というお話だけは先に聞いていましたが、その曲が『○桃色片想い○』だと聞いて、「おいおい天才か!」と思いました(笑)。この発想はすごい! と思って。原曲が明るい感じなので、えりぴよが舞菜を応援するときの勢いで歌うのかと思っていたんです。でもデモ音源を聴いたら、すごく爽やかな春の陽気を思わせるような暖かい曲で。その曲を聴きながら歌詞を見ていると、オタクが推しを想う気持ち、えりぴよが舞菜を想うのと同時に、舞菜がえりぴよを想う気持ちにも聴こえて、エモーショナルな感じでした。EDの映像でも、えりぴよがメインで映ってはいるんですけれど、最後の方では舞菜目線でえりぴよを見ているのが、両片想いな感じが見えて、心にくるものがありました。尊い。

寺田 僕も松浦亜弥さんの『○桃色片想い○』発売時は小学生だったのですが、親も子供もみんな聴いているような、誰もが知っている曲だったと思います。えりぴよと舞菜の関係性は、純粋な片想いではなくて、両想いなところもあるんだろうけど、片想い×2 みたいなすれ違いを感じるところが切ないですよね。

ファイルーズ あとジャケットのえりぴよは、舞菜に出会って片想いに落ちた瞬間のえりぴよだそうです。収録の際には、「このときの心情で歌ってください」というディレクションがありました。キャラソンって歌いながらキャラを出すのがすごく難しくて。応援しているときのえりぴよは、私のテンションに近いんですけど、舞菜に出会う前のえりぴよは、大人しくてクールな感じも少しあるじゃないですか。つい表現が強く出ちゃうんですが、でもとても親切にディレクションしていただいて、清い感じのえりぴよが表現できたと思います。

寺田 編曲の佐高陵平さんも、もともと平尾先生の原作が好きで、あとは『○桃色片想い○』も好きだったとのことです。EDでもアレンジのコンペをさせていただいたんですが、佐高さんの曲が、こちらの考えていたものに一番近いしっとりエモみたいなアレンジで。その後、正式なアレンジオファーのあとにお話したら、「原曲も原作も大好きだったので、絶対コンペ取りたかったです」とおっしゃっていました。ミックスもロック具合としっとり具合をすごく素敵なバランスで調整していただいたと思います。

ファイルーズ アニメ本編はギャグもあるんですが、割と最後の方はしっとりと落ち着いていく話も多いので、そこにつながるEDとして、このテンポ感やしっとり感がすごくいいと思いました。あとはこの作品って、アイドルを応援する人たちが主人公なんです。だからこそ、EDをえりぴよが歌うというコンセプトは素敵だなと思いました。当初、えりぴよが歌うの?  という意見もあったんですけど、アニメを観たら、みなさん納得してくださるんじゃないかなと。そのくらい説得力のあるEDだと思います。

ーーEDのレコーディングはいかがでしたか?

ファイルーズ 私は歌があまり得意ではなく、歌を録った経験もあまりないのですが、みなさんのご指導のおかげでやり遂げられました。とにかくえりぴよの感情を込めることに集中して歌いました。おかげさまで、第1話の放送後に友達から、『○桃色片想い○』がトレンドに入ってたよって教えてもらって、改めてこの曲はすごい!  と思いました。

文/阿部雄一郎