• 夜の編集部には何かがいる……今回は呪われた人形が!? 『アナベル 死霊博物館』ブルーレイ&DVDリリース
  • 夜の編集部には何かがいる……今回は呪われた人形が!? 『アナベル 死霊博物館』ブルーレイ&DVDリリース
2020.01.22

夜の編集部には何かがいる……今回は呪われた人形が!? 『アナベル 死霊博物館』ブルーレイ&DVDリリース

呪われた人形“アナベル”が悪霊たちを目覚めさせる……。(『アナベル 死霊博物館』より)

『ワイルド・スピード』『ソウ』『インシディアス』といった大人気シリーズを手掛けた名プロデューサー、ジェームズ・ワンが製作を務める『死霊館』ユニバースの最新作、『アナベル 死霊博物館』のブルーレイ&DVDが2020年1月22日(水)に発売、レンタルを開始する。恐怖の〈アナベル人形〉と悪霊たちが、逃げ場のない館を舞台に、お留守番中の少女たちに襲いかかる、最恐のホラー映画だ。

シリーズの発端となった映画『死霊館』は、2013年に実際に起こった心霊現象を映画化したもので、世界中を恐怖のどん底に陥れた〈アナベル人形〉もまた実在する。現在もコネティカット州にある博物館に保管され、神父による月2回の祈祷が行われているというが、今回、最新作のブルーレイ&DVDリリースをアピールするため、太平洋を越えてアナベル人形が編集部に現れた!


◆ミーティング中の会議室に現れたのは、呪われた人形だった……!

とある午後、すでに夕刻を過ぎてもう夜と言ってもいい時間帯、徳間書店の会議室ではいつものように侃々諤々、アニメージュプラスの編集会議が行われていた。編集長からの無茶ぶりに内心穏やかでない気持ちを押し隠しつつ、表情だけは真剣に打ち合わせを続けていたまさにその時。

にわかに蛍光灯が瞬いたと思ったらいきなりの暗転。

停電?
いや待てよ、このパターン、知ってる……ッ!!

女の怨霊がすすり泣く声が編集部に……『ラ・ヨローナ 〜泣く女〜』ヨローナ現る!
https://animageplus.jp/articles/detail/28073

よくよく思い返してみればこのときと同じパターンだし、また怖いやつでしょ……俺は詳しいんだ。

ほら出たー!!!
ヨローナさんはまだドアからだったから心の準備もできたけど、あなたどこから入ってきたの!?
いきなり窓際にいるのは反則じゃない?

アングルを引いても……

寄っても怖い!!!
当たり前ですけども。

本編でも怖いけど、ライティングも相まってまた違う怖さが醸し出されてるよ!
そして喋らないから逆に威圧感が凄いな……。
にじりよるアナベルさん。
そして恐れおののく編集長。
おや……その一方で編集部員(私)に異変が!

「キャーッ!!!」
悲鳴を上げる編集長。
▲『アナベル 死霊博物館』より

ジュディちゃんよりビビってるじゃないですか!
そう、実はアナベルちゃんが来ることは知っていたのでドッキリを仕掛けました。
大☆成☆功!

そんなわけで、アナベルちゃんは出演している映画『アナベル 死霊博物館』のブルーレイ&DVDが1月22日(水)にブルーレイ&DVD発売、レンタル開始、デジタルレンタル配信開始されるのをPRしに来たんですね。

(そうよ……よろしく頼むわね……)
アナベルちゃんの心の声が聞こえた気がした。
こうしてみると心なしか表情もご満悦っぽい。

最後に、アナベルちゃんにブルーレイを持って頂いて全員でニッコリ記念写真。
言わずと知れたジェームズ・ワン製作、監督・脚本には『IT/イット”それ”が見えたら、終わり』『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』で脚本を担当したゲイリー・ドーベルマンと、数々の大ヒットホラー作品を生み出してきた製作陣が贈る最恐ホラー『アナベル 死霊博物館』。リリース情報は次ページにて掲載している。読者プレゼントもあるので併せてチェックしてほしい。

文/小田サトシ