• 「いつでも、どこでも、誰でも」現役声優がマンツーマン指導! 新たなコンセプトの声優育成システム「SPOT」が3月25日開講
  • 「いつでも、どこでも、誰でも」現役声優がマンツーマン指導! 新たなコンセプトの声優育成システム「SPOT」が3月25日開講
2020.02.07

「いつでも、どこでも、誰でも」現役声優がマンツーマン指導! 新たなコンセプトの声優育成システム「SPOT」が3月25日開講

現役声優によるマンツーマン eラーニングシステム「SPOT」が3月25日(水)開講

大手声優プロダクション4社、「アクロス エンタテインメント」「賢プロダクション」「ステイラック」「ムーブマン」が共同開発した、「いつでも、どこでも、誰でも」声優を目指すことができる新しい声優e-ラーニングシステム、「SPOT」が2020年3月25日(水)より開講する。

「SPOT」は「SEI-YU PERSONAL ONLINE TRAINIG」(声優・パーソナル・オンライン・トレーニング)の頭文字を取って名付けられたもので、これまでの声優学校や声優養成所とは異なり、安価で、交通費もかからず、現役声優がマンツーマンで、パソコンやスマートフォンを介して教えるという、新たな試みだ。
▲パソコンやスマホでのSPOT受講の様子(イメージ)

これまでの就学者や遠方在住の声優志望者の多くは、声優学校や養成所の費用、決められた日程でのレッスン、通学のための時間や交通費などの理由で志望を断念するケースがあり、その負担は決して小さくなかった。
そうした実情を、『サザエさん』ワカメ役(1976年~2005年)、『ドラえもん』しずか役(1979年~2005年)でおなじみの声優・野村道子が憂い、「だれもが、気軽に声優に挑戦できる環境を作れないか」と日本声優事業社協議会(声事協)理事長・ムーブマン代表の羽佐間圭介氏や、副理事長の賢プロダクション代表・内海賢太郎氏、自ら声優プロダクション社長も務める人気声優のステイラック代表・浪川大輔氏、山寺宏一らが所属するアクロスエンタテインメント代表・藤﨑 淳氏が賛同したことで、この垣根を超えたプロジェクトが発足した。
▲SPOT発起人の野村道子(右)と浪川大輔(左)

安価で利便性に富んだこのシステムを利用すれば、中高生から社会人、主婦、シニアほか誰でも声優になるという夢にトライすることができる。
発声・滑舌・訛りの是正などの基礎から、アニメ映像を使用して実際に講師の声優とアテレコを行う実践まで40講座(カリキュラム)を行うが、現役声優がマンツーマンで教える事で、未経験者から一度声優を目指した方まで受講者のレベルに合わせたレッスンが行える。また、オリジナル基礎体力トレーニング映像をいつでも見られるので、毎日の訓練が出来る。
そして、才能ある受講者には、各声優プロダクションの所属やその養成所で特待生になれる可能性もあり、「SPOT」の受講がスカウティングの場としても機能することで、全国の受講者によりチャンスが広がることになる。
また、声優養成だけでなく、シニアの発声練習、冠婚葬祭から社内スピーチ、プレゼンテーションなどのスピーチ向上や、企業の研修にも利用可能で、声のプロからアドバイスする発展型も視野に入れている。

現役声優の講師約10人を擁して3月25日(水)に開講する「SPOT」では、2月7日(金)から1期生先着100人を募集する。その後も随時入会募集予定。また、特別講師として浪川大輔が登壇するオンラインライブのオープンキャンパスも2月29日(土)に実施予定だ。

文/小田サトシ