• ChamJamキャラソン発売記念! 平尾アウリ&寺田悠輔 対談!
  • ChamJamキャラソン発売記念! 平尾アウリ&寺田悠輔 対談!
2020.02.12

ChamJamキャラソン発売記念! 平尾アウリ&寺田悠輔 対談!

(C)平尾アウリ・徳間書店/推し武道製作委員会


――方向性も決まり、実際の制作進行はどのように進めていったんですか?

寺田 まずは歌詞をどうするかというご相談をしました。1番は原作にあるものをお借りしてるんですが、2番を誰が考えるのかという話になって、こちらにお任せいただけることになりました。2番では、コールの部分、「ピンクのリーダー れお」を「●●のれお」というような別の言い方に言い換えようかという意見もありましたが、結局コールは同じで、歌詞部分を変えることになりました。

――作詞協力で先生のお名前がクレジットされています。

寺田 そうですね。元々は原作に書かれていたものをベースに、1番を作っています。他のところも、ノリといういますか温度感はそれをベースに広げていますので、作詞協力で入れさせていただきました。原作に描いてあった歌詞やコールは、どれくらい考えたものなんですか?

平尾 何も考えてないんです(笑)。全然時間もかかっていないですし。もともとアニメ化を目標としていたわけでもなく、なるとも想像していなかったから、描いていた時に思いついたものを書いているだけなんです。

――それがバッチリと楽曲の中にハマっていますね。

平尾 音楽スタッフの皆さんが、すごく頑張っていただいて。感謝しています。

寺田 原作そのままですが、ぴったりハマりましたね。ゆめ莉のところだけ、「歌は任せて」を「ダンスは任せて」に変えさせていただいています。

平尾 漫画で、ゆめ莉はダンスがうまい、という設定に寄っていっているので、「ダンスは任せて」のほうが今の内容に合っていますっていうお話をさせていただきました。私今、この曲を目覚ましにしていて、とってもよく起きられるんです。キャラソンの3曲を15分おきに流れるように設定してるんですけど、最近は曲がはじまる前に起きます。

寺田 出だしが激しいので、目覚ましでいきなり聴くとダメージ受けそうですね(笑)。

平尾 元気に起きられますよ。でも本当にこんなに良くっていいのかというくらいいい曲になっていますよね。「夢ならずっと」のサビのところから盛り上がる感じがいいですよね。地下アイドルっぽい感じもして。

寺田 成功した人の曲にはまだなっていなくて、今はまだ! っていう雰囲気の曲なんですよね。

平尾 そうなんですよね。

――『ほっと♡サマーホリデー』について教えてください。

寺田 5話の劇中で流れていた、エレクトロな感じの曲です。『ずっと ChamJam』を一番最初に作って、作品としてこういう方向性はいかがでしょうという提示をさせていただいて、OKいただいた後に、『ずっと ChamJam』を柱に置いた上で、Chamのようなアイドルは他にどんな感じの曲を歌うのか、キャラソンプロデューサーの横尾が考えていました。これともう一曲の『Fall in Love』はほぼ同時に作業していましたね。

――ライブだと盛り上がるときにかける曲、という印象です。

寺田 そうですね。この作品に限らず、ライブ曲はそういう作り方をするときもあるんです。ライブで盛り上がる、お客さんがコールを入れやすいようにスキを作っておくみたいな。『ずっと ChamJam』は定番の自己紹介ソングになっていて、わかりやすくみんなでライブで盛り上がる曲っていう感じですね。反対に『ほっと♡サマーホリデー』はちょっとクール目の魅せ曲みたいになっていて。横尾が、2000年前後のメロディーが強烈にキャッチーな定番曲みたいなことを言っていたんです。ちょっとしたわかりやすさと懐かしさみたいなものも感じていただけるのではないかと思います。

平尾 なるほど。聴きやすいですよね。『ほっと♡サマーホリデー』が私は一番好きなんです。メロディーがいいんですよね。前奏のメロディーの音の雰囲気とか、歌が入ると全体的に音が変わる感じが好きです。夏の曲にハズレはないと思っています!

――『Fall in Love』はどうでしょう?

平尾 可愛いメロディーの曲だなって思います。踊りやすい感じの。めっちゃノリやすいですね。本当に。私ライブに行っても、あまり派手に応援せずに、クールにしている方なんです。ノリノリの曲だと、置いてかれるんです。

寺田 じゃあ『ほっと♡サマーホリデー』がお好きなのもわかりますね。

文/阿部雄一郎