• ChamJamキャラソン発売記念! 平尾アウリ&寺田悠輔 対談!
  • ChamJamキャラソン発売記念! 平尾アウリ&寺田悠輔 対談!
2020.02.12

ChamJamキャラソン発売記念! 平尾アウリ&寺田悠輔 対談!

(C)平尾アウリ・徳間書店/推し武道製作委員会


――『Clover wish』はどんな感じですか。

平尾 いい曲ですよね。

寺田 コンセプトは未来のChamJamです。

平尾 いいですよね、これ。売れますよ(笑)。他の曲とは違うコンセプトで作られているのがはっきりわかりますし、売れ線の曲だと思います。

寺田 『Clover wish』は他の曲と明確にコンセプトが違うので、早い段階で平尾先生にご確認いただきました。

平尾 本当にいい曲を作っていただいて嬉しいです。曲に関わった方々も、原作から読んでいて好きでしたと言っていただける方が多くて、申し訳ないくらい恐縮してます。

寺田 うちの会社のCDのマスタリングエンジニアが普段そんなにアニメ観ていない人なんですが、『推し武道』の音楽はめちゃめちゃいいって言ってもらって。全然オタクな人ではないのですが、アニメも観てくれてすごく面白いって言ってましたよ。

平尾 ありがとうございます。多分制作の方々は、私よりも考えてくださってる時間が長いと思うんです。楽曲の中に、私には思いつかないようなストーリーがあってびっくりしますし、歌詞にもストーリーがある。本当にお任せしてよかったなと思います。

寺田 そう言っていただけてよかったです。

――『○桃色片想い○』はいかがでしょう。原曲はご存知でしたか?

平尾 もちろん知っていましたし、曲も好きでした。『Clover wish』のコンセプトの話と併せて、EDはカバーでいきたいんですけどってまとめてお話をいただいた気がします。

――実際できたものを聴いてどうでしたか。原曲とは雰囲気も違いますね。

平尾 はい。いいですよね、しっとりとしてて、映像と合っていて。ああいう感じでくるのかと思って。よかったです。

寺田 本編の終わりが、割としっとりとしてることが多いので、アゲアゲの曲がくると余韻の邪魔かなって思ったんです。えりぴよがうるさいと思われてしまうかもしれない。いい気持ちになってるのに大声出さないでほしい、みたいな。

平尾 夜中の放送なので、しっとりといい気持ちのまま眠ってほしいですね。

――今後、楽曲は増えていくのでしょうか。

寺田 ちょっと明言しづらいですが、今後も音楽的な仕掛けはいろいろとありますので、ぜひ最終話までご覧いただきたいです。

――アイドルなので元気な曲が多いですが、バラードのような違う雰囲気の曲も聴きたいですね。

寺田 本編に関係なく、Chamの曲として聴きたいものということですね。

平尾 演歌とか!

寺田 いいんじゃないですか。Cham演歌、機会があれば!

――演歌だと、盆踊りとかで使える曲があるといいですね。営業でChamが踊れるじゃないですか。

平尾 ファンの方達は付いて来てくれるでしょうか(笑)。

――ファンの方達は楽しんでくれると思いますよ。そんなファンの方達にメッセージをお願いします。

平尾 『Clover wish』も劇中歌も、全部いい曲ばかりです。本当に素晴らしい方々に作っていただいて、恐縮ですけど、すごく嬉しい気持ちでいっぱいです。ぜひ目覚ましに(笑)。




文/阿部雄一郎