• 櫻井孝宏&高杉真宙がオープニングイベントに登場、東京スカイツリー『FFVII REMAKE』コラボイベントがスタート!
  • 櫻井孝宏&高杉真宙がオープニングイベントに登場、東京スカイツリー『FFVII REMAKE』コラボイベントがスタート!
2020.02.07

櫻井孝宏&高杉真宙がオープニングイベントに登場、東京スカイツリー『FFVII REMAKE』コラボイベントがスタート!

フォトセッションでバスターソードを凜々しく構える高杉真宙



●天望回廊オリジナル展示「“空の塔”解放作戦」
神羅カンパニーに奪われたという設定の地上450メートルの天望回廊では、『FINAL FANTASY VII REMAKE』の世界観が体感できる装飾や展示が楽しめる。等身大のキャラクター装飾や実物大の「バスターソード」と一緒に記念撮影できるフォトスポットや、バスターソードを持って好きなキャラクター(クラウド、エアリス、バレット、ティファ、セフィロス)とのツーショット合成写真が撮影できるフォトサービスも(1800円)。また、最高到達点「ソラカラポイント」は、マテリア<そらのとう>の制御室に見立てられており、奪われたマテリアを解放する体験ができる。
そのほか、登場キャラクターとともに過去の『FINAL FANTASY VII』シリーズを振り返る装飾や、『FINAL FANTASY VII REMAKE』のゲームシステムやコンセプトアート、関連グッズの展示も。
▲天望回廊へと向かう2基のエレベーター内にはミッドガルをイメージした装飾が施されている。エレベーターを降りると、神羅カンパニーのエントランスをイメージした装飾になっている。クラウドたちを一緒に写真撮影ができるフォトスポットだ。

▲天望回廊 フロア450の折り返しエリアには、クラウドの武器である実物大の「バスターソード」が設置されている。

▲制御室で力を制限されているマテリア<そらのとう>。マテリアに吸い上げられた街の光を、設置されたハンドルを回すことで解放する。解放された力によって街が美しく輝きだす様子が体験できる。

文/小田サトシ