• こんなに大変なことだったのかと…主演・押田岳『ゲイツ、マジェスティ』完成披露上映会舞台挨拶レポ!
  • こんなに大変なことだったのかと…主演・押田岳『ゲイツ、マジェスティ』完成披露上映会舞台挨拶レポ!
2020.02.19

こんなに大変なことだったのかと…主演・押田岳『ゲイツ、マジェスティ』完成披露上映会舞台挨拶レポ!

左から、兼崎健太郎さん、紺野彩夏さん、板垣李光人さん、奥野壮さん、押田岳さん、戸谷公人さん、、木ノ本嶺浩さん、村上幸平さん、諸田敏監督。

『仮面ライダージオウ』TVシリーズ最終回のその後の世界を舞台に描かれる『仮面ライダージオウ』最新作、Vシネクスト『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』の完成披露上映会舞台挨拶が本日2月18日新宿バルト9にて行われた。ちなみに本作は2020年2月28日(金)より期間限定上映開始し、4月22日(水) にBlu-ray&DVDが発売される。

本作の主演を務める押田岳さん(ゲイツ/仮面ライダーゲイツ役)、奥野壮さん(常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ役)、板垣李光人さん(ウール役)、紺野彩夏さん(オーラ役)、兼崎健太郎さん(スウォルツ役)、そしてレジェンドライダーより戸谷公人さん(海東大樹/仮面ライダーディエンド役)、木ノ本嶺浩さん(照井竜/仮面ライダーアクセル役)、村上幸平さん(草加雅人/仮面ライダーカイザ 役)、メガホンをとった諸田敏監督が登壇し、上映後のお客さん達と楽しい一時を過ごした。その模様をお届けします。

まず本日のMCである宮島咲良さんより、上映日である2月28日に新宿、品川、横浜で初日舞台挨拶が行われるほか、ゲイツ、カイザ、ディエンド、アクセル、バースのテーマソング5曲入りコンピレーションアルバムが4月22日から配信開始される(詳細は仮面ライダーエイベックスサウンドWEBまで)という情報が発表された。

豪華キャスト陣と諸田監督が登場し、早速客席からの「ゲイツ〜〜!」の声に、「久しぶり! 気持ちいい!」とうれしそうな押田さん。諸田監督の挨拶では「皆さんはもう観ちゃったわけですよね、いかがだったでしょうか?」と尋ねると大拍手が沸き起こったが、「金返せっていうご要望にはちょっとお応えできないんですけども、これからの時間、温かい気持ちでお付き合いいただけるとうれしいです」と話しスタートした。


押田さんに今回の話が来たときの気持ちを尋ねると、「いや〜〜〜もう、それはうれしかったですよ! ずっとこの人の横に立ってるだけのキャラクターだったんで」と振ると奥野さん「いやいやいや(笑)。でも、すごい新鮮な気持ちで現場入りしました。ずっと一緒に戦ってきたんで安心感はありつつも」と話し、押田さんも今回初めて主役を演じることとなり改めて奥野さんに対して「すごかったんだなって思いました。真ん中に立つってこんなに大変なことだったのかと。それこそ彼は1年間やったわけじゃないですか、僕より3つも下で、それをやってくれたのは本当にすごいしありがたいなって、単純に思ってしまいました」と率直な気持ちを伝えると、「ありがとうございます。僕はお芝居の話になっちゃうんですけど、『ゲイツ、マジェスティ』の予告映像を見て、あっ、本当にがっくんってお芝居上手くなったなぁって」という奥野さんに思わず会場大爆笑!
すると「(言い方が)めちゃくちゃ上からになるんすけど…そういうことじゃなくて。一緒にお芝居してきて、最初の頃だと、お互いおぼつかなかったりしてたところがあったのが、予告で改めてがっくんのお芝居見て、ああ、カッコイイなぁって」。押田さん、小さい声で「カッコ良かった?」と訊くと奥野さんから「うん、カッコ良かった」と言われ、本当にうれしそうに「ありがとう!」と。1年間共にヒーローを演じてきた二人ならではの空気が流れた。

しかし、ここで宮島さんがそんな二人の成長を諸田監督に尋ねると、「成長ですか?」問い返し、奥野さんが察して「すみませんすみません(照笑)」と言うも、諸田監督「ノーコメントで(笑)」と応え、たまらず奥野さん「(笑)もう〜〜〜!」、押田さんは真面目な顔で「今日一日寝れない」とこぼし、お客さんから笑いが起きた。

文/村北恵子