• 誘拐に次ぐ誘拐?『名探偵コナン』第970話「加賀令嬢ミステリーツアー(後編)」あらすじ&先行カット!
  • 誘拐に次ぐ誘拐?『名探偵コナン』第970話「加賀令嬢ミステリーツアー(後編)」あらすじ&先行カット!
2020.02.21

誘拐に次ぐ誘拐?『名探偵コナン』第970話「加賀令嬢ミステリーツアー(後編)」あらすじ&先行カット!

(c)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

2月22日(土)18:00から放送される、『名探偵コナン』第970話「加賀令嬢ミステリーツアー(後編)」より、先行カット&あらすじが到着!

2月15日(土)に放送された、金沢を舞台にした「加賀令嬢ミステリーツアー(前編)」に続き、後編が放送されます。

前回は、誘拐事件の犯人が判明するも、取り逃がしてしまい……今週放送される後編ではどんな事件が起きるのか——!?

<前回からのあらすじ>
江戸川コナンは、毛利蘭、毛利小五郎と共に金沢旅行に来ていた。そこで身代金を運ぶ、浮き世離れした令嬢の林マリという女性に出合い、誘拐事件に巻き込まれてしまう。
しかしこの誘拐事件、被害者と思われていた元友禅作家・犀川学の自作自演だった。
犯人もわかり、事件は解決したかに思われたが——。

その後、学の雇い主だった呉服店社長の林壮一が襲われるという事件が発生する!
動機や目撃証言から、学が容疑者の有力候補となる。
そんな中、マリのもとに学から電話がかかってきた。その内容は弟子である萩野凛太朗を誘拐したというものだった! 身代金が準備され、小五郎が受け渡しに駆り出される。

コナンは監禁写真や脅迫電話からヒントを探し出し、ある場所に1人で行こうとするが蘭に見つかってしまう。コナンの目的地は小松空港周辺。学からの脅迫電話から飛行機の離発着音が聞こえたため、金沢周辺で唯一空港がある場所へやってきたのだ。蘭とともに小松駅にたどり着いたコナンは、そこで学と鉢合わせするが……。

文/村北恵子