• TVアニメ『22/7』主題歌シングル『ムズイ』をリリース! デジタル声優アイドルグループ「22/7」にインタビュー!
  • TVアニメ『22/7』主題歌シングル『ムズイ』をリリース! デジタル声優アイドルグループ「22/7」にインタビュー!
2020.02.26

TVアニメ『22/7』主題歌シングル『ムズイ』をリリース! デジタル声優アイドルグループ「22/7」にインタビュー!

(C) 22/7 PROJECT

秋元康プロデュースによるデジタル声優アイドルグループ「22/7」(ナナブンノニジュウニ)。その結成とデビューに至る姿を、オリジナルストーリーで描いていくのがTVアニメ『22/7』だ。2月26日にはOP『ムズイ』のCDシングルをリリース。3月24日からは、アニメのBly-ray & DVDのリリースが始まる。アニメの内容や楽曲について、メンバーの西條和(滝川みう役)、天城サリー(藤間桜役)、河瀬 詩(斎藤ニコル役)の3人に話を聞いた。

──TVアニメ『22/7』の物語も、かなり進んできました。演じていて、手応えはいかがですか?

天城 私たちもアフレコを重ねるごとに成長を感じています。『22/7』は各キャラクターのお当番回があって、この子にはどんな過去があって、今に至っているのかが、細かく描かれているので、どのキャラクターにもスポットライトが当たって、より私たちのことを知っていただけると思います。私が演じている桜ちゃんは第4話がお当番回で、おばあちゃんとの心の交流が描かれました。私もおばあちゃんっ子なので、お別れの場面には涙が止まりませんでした。

西條 私が演じているみうちゃんは、主人公ということで第1話から第3話でしっかり描かれています。物語が進むにしたがって、人と話すことや、自分の想いを言葉にすることが苦手だったみうちゃんの成長を感じていただいてるのではないかと思います。他のメンバーも、ドラマティックな生き方をしてきた子ばかりです。ご覧になっているみなさんには、ぜひ似ている部分を探しながら観ていただきたいなと思っています。

河瀬 最初からアイドルになりたかった子はニコルちゃんだけで、メンバーの気持ちがバラバラなところから物語が始まって、回を追うごとにみんなの心が一つになっていく姿に感動しています。各メンバーの葛藤が丁寧に描かれていて、毎回、こんなに涙を誘うアイドルアニメは珍しいんじゃないかなって思います。ニコルちゃんのお当番回はこれからの放送なので、どんな物語になるのか、ぜひお楽しみに!

──OP『ムズイ』は、『22/7』のストーリーに合った、「葛藤」をテーマにした曲ですね。歌ってみていかがでしたか?

西條 ナナニジは今までも生きる意味を問う曲が多かったんですけど、『ムズイ』は特に生きることの難しさを掘り下げた曲になりました。

天城 メンバーの一人一人にセリフがあるという、ナナニジでは初めてのタイプの曲です。ぜひ、それぞれの個性的な声に注目して聴いてみてください。

河瀬 レコーディングでは、「うまく歌おうとせず、感情をぶつけてください」というディレクションをいただきました。『22/7』のキャラクターたちの揺れ動く想いを感じていただけたら、嬉しいです。

──キャラクターのお当番回ではEDがキャラクターソングになっていて、初めてのソロで歌う楽曲ですね。それぞれが担当した楽曲の聴きどころを教えてください。

西條 私は第3話の『One of them』を歌わせていただきました。第1話から第3話で描かれたアイドルになる前のみうちゃんの姿と、ぴったり重なり合う曲です。私も、ナナニジに入る前は一人になるのが恐くて、がんばって周りに合わせなきゃと思っていたので、自分の気持ちそのままに歌うことができました。

天城 私は第4話の『生きることに楽になりたい』を歌わせていただきました。桜ちゃんのソロだから明るい曲調になるのかなと想像していたんですけど、第4話のストーリーに合わせて、葛藤が描かれたシリアスな曲になりました。桜ちゃんの心に秘めた想いを感じていただける曲です。

河瀬 私はこれから曲をいただいて、レコーディングします。ニコルちゃんのどんな一面が描かれるのか、とても楽しみです。

──キャラクターソングは、アニメのBlu-ray & DVDの特典CDに収録されるということでリリースが楽しみです。最後に、2月27日から始まる「22/7 1st Tour 〜ムズイ〜」への抱負をお聞かせください。

西條 東京、大阪、愛知と3会場で歌えるのが、すごく楽しみです。私たちにとっての初めてのツアーなので、未来につなげることができるよう、がんばりたいと思います。

天城 ナナニジは楽曲だけでなく振り付けも個性的なので、アニメから入ってこられた方々にも、ぜひライブで私たちの生のパフォーマンスを観ていただきたいです。

河瀬 私にとっては初めてのステージなので、スタートからしっかりしたパフォーマンスを見せられるよう、がんばっていきたいと思います。初日の2月27日はナナニジの日であるとともに、私の誕生日でもあるので、絶対にいい日にしたいです!

(C) 22/7 PROJECT

文/アニメージュ編集部