• 少年探偵団が謎に迫る!?『名探偵コナン』第R91話「大捜索 9つのドア」先行カット&あらすじ
  • 少年探偵団が謎に迫る!?『名探偵コナン』第R91話「大捜索 9つのドア」先行カット&あらすじ
2020.02.28

少年探偵団が謎に迫る!?『名探偵コナン』第R91話「大捜索 9つのドア」先行カット&あらすじ

第R91話「大捜索 9つのドア」より。 (c)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

学さんが生きてたことがわかりほっとした先週の「加賀令嬢ミステリーツアー(後編)」でしたが、今週は、2000年2月28日に放送されたTVオリジナルストーリー第182話「大捜索 九つのドア」のデジタルリマスター版、第R91話「大捜索 9つのドア」が放送されます。

今回は、少年探偵団が大活躍? 2月29日(土)に放送される第R91話「大捜索 9つのドア」のあらすじ&先行カットをご紹介!

<あらすじ>
コナンは、歩美、元太、光彦、灰原との下校途中、背後からの金属音に振り返る。するとそこには金色の指輪が落ちていた。
落ちた弾みで外れたようだが、指輪にはS字フックが二つ引っ掛けられており、その形は、ちょうど『SOS』と見える。
一体どこから落ちてきたのかと見上げるも、すぐ近くに建つマンションの窓は全て閉まっていてわからない。

また、指輪には「M to A 1999年3月21日」の刻印があり、どうやら結婚指輪でMの頭文字の男性からAの頭文字の女性に贈られたものらしい。
つまり、持ち主は付近のマンションの一室にいて、何らかの理由で動けず助けを求めているに違いないと推理する、歩美、元太、光彦。
事故なのか、もしくは監禁されているのか…?

考えすぎだと否定しようとしていたコナンに、暇つぶしにはなると何故か意欲的な灰原までも巻き込んで、少年探偵団はマンションの大捜索を開始する!!
果たして少彼らの推理は当たっているのか——!?

文/村北恵子