• “滅亡迅雷.net”最後の一人「亡」現る!『仮面ライダーゼロワン』Blu-rayの映像特典で登場
  • “滅亡迅雷.net”最後の一人「亡」現る!『仮面ライダーゼロワン』Blu-rayの映像特典で登場
2020.03.01

“滅亡迅雷.net”最後の一人「亡」現る!『仮面ライダーゼロワン』Blu-rayの映像特典で登場

(C) 2019 石森プロ・テレビ朝日・ ADK EM ・東映

『仮面ライダーゼロワン Blu-ray COLLECTION 1』の映像特典『プロジェクト・サウザー』に、滅亡迅雷.net最後の一人「亡(なき)」が登場することが判明した。

2019年9月から放送中の特撮作品『仮面ライダーゼロワン』は、AIロボット・ヒューマギアを製造販売する飛電インテリジェンスの社長に就任した飛電或人(ひでん・あると)が仮面ライダーゼロワンに変身、ヒューマギアの暴走事件から人々とヒューマギアを守ろうと奮闘する物語だ。
滅亡迅雷.netとは、ヒューマギアの暴走を引き起こす人工衛星アークの配下として暗躍する一団。TV版には滅(ほろび)、迅(じん)、雷(いかづち)の3人が登場していた。

そして『プロジェクト・サウザー』では、飛電インテリジェンスのライバル企業ZAIAエンタープライズの社長であり、仮面ライダーサウザーに変身する天津垓(あまつ・がい/演・桜木那智)の謎に迫る物語となっている。

『プロジェクト・サウザー』で亡を演じるのは中山咲月。
1998年生まれで、13歳でモデルデビュー。ファッション誌を中心としたモデル業の他、女優として「中学聖日記」(TBS)などに出演、ジェンダーレス女子として注目を集めている。

さらにTVレギュラーキャストである刃唯阿(やいば・ゆあ/演・井桁弘恵)と滅(演・砂川脩弥)も出演し、このスピンオフとTVシリーズをつなげている。


<ストーリー>
ZAIAエンタープライズジャパンの社長である天津垓は、最強のライダーシステム「仮面ライダーサウザー」を完成させるための計画を実行に移した。
垓は、滅亡迅雷.net の亡にゼツメライズキーの戦闘データを集めるよう指令を出した。
作戦を進めていく中、「ヒューマギアは人間の道具にすぎない」と言い切る垓に対して、同じヒューマギアとして「人類滅亡」を目論む滅。
二人の間で亡は何を思うのか。そして、垓が進める作戦の全貌とは。

『プロジェクト・サウザー』前編の画像を全て見る>>>

(C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ ADK EM ・東映

アニメージュプラス編集部