• 劇場版『ヒロアカ』、北米でも大旋風・大ヒット!
  • 劇場版『ヒロアカ』、北米でも大旋風・大ヒット!
2020.03.10

劇場版『ヒロアカ』、北米でも大旋風・大ヒット!

北米でも記録更新、大ヒット中!(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

シリーズ累計発行部数2600万部を突破した『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の、堀越耕平による大人気コミック『僕のヒーローアカデミア』の劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』が、公開から3カ月近く経った今でも話題沸騰中! 観客動員数133万人、興行収入17.6億円を記録した。

本作は原作者の堀越耕平が「ある意味ヒロアカの最終回」と語る超大作として話題を読んでいる劇場アニメーション作品。
2019年12月20日より劇場公開が始まり、日本での上映に続き、『~ヒーローズ:ライジング』は北米でも現地時間2月26日に公開がスタート。
公開初日から多くのファンが映画館へ足を運び、公開初日のデイリーランキングで1位を獲得した。
さらに公開週末ランキングでは4位にランクインするロケットスタート。そして3月8日の時点で、興収12,724,716USドル(日本円で約13億円)を突破の大ヒットを記録し、北米で公開された日本アニメ映画の歴代興収で8位となった。

『ヒロアカ』は北米でも2014年の『週刊少年ジャンプ』での連載開始から人気を集め、2016年のTVアニメシリーズ放送開始で人気はさらに加速。
第4期シリーズを迎えた現在は世界192カ国以上、4億世帯以上が視聴する世界最大級のアニメ専門チャンネル『カートゥーンネットワーク』で、英語吹替版が放送されており、今や『ヒロアカ』は北米において確固たる人気アニメとして位置づけられているようだ。
今回の劇場版『~ヒーローズ:ライジング』の日米での大ヒットは、『ヒロアカ』の人気をあらためて証明する形となった。

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

アニメージュプラス編集部