• 安室と梓も鍵に??『名探偵コナン』より「標的(ターゲット)は警視庁交通部(二)」先行カット&あらすじ
  • 安室と梓も鍵に??『名探偵コナン』より「標的(ターゲット)は警視庁交通部(二)」先行カット&あらすじ
2020.03.13

安室と梓も鍵に??『名探偵コナン』より「標的(ターゲット)は警視庁交通部(二)」先行カット&あらすじ

「標的(ターゲット)は警視庁交通部(二)」より警視庁交通課の宮本由美。 (c)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

恋の悩みで同僚とちょっとカラオケへ、そんなよくあることから一変してしまった警視庁交通課の苗子たちに起こった今回の事件、今週はその続き、第972話「標的(ターゲット)は警視庁交通部(二)」が3月14日(土)に放送される。

警視庁交通部交通課の三池苗子は、同僚の八木紫織、百崎橙子とカラオケに行く。その帰り道、1人なった百崎が襲われ、翌日、遺体となって発見されてしまう。遺体のそばには折れ曲った100円硬貨が、そして百崎の指は公園のブランコを指さしていた——さて、この事件、まだまだ序章のようで……あらすじ&先行カットをご紹介!

<あらすじ>
一週間前、百崎と八木が、青野健吾、赤峰萬治、白山祐三という3人の男性を交通違反で取り締まっていたことが判明する。3人とも急いでいたようで、激しい言い争いになったようだ。そして今回の事件はそのことと関係があるのではないか捜査が進んで行く。

そんな中、八木は一人である男のもとへ向かう。百崎殺害の犯人を確信したのだ。しかし男に自首を促すも襲われてしまう。
倒れた八木を見つめながら、男は「あと…一人…」と呟く……。

一方、江戸川コナンは、一週間前に交通違反の取り締まりが行われた、米花町五丁目の交差点近くにある、喫茶ポアロで安室透と榎本梓に聞き込みをしていた……。

文/村北恵子