• ターゲットは誰…!?『名探偵コナン』より「標的(ターゲット)は警視庁交通部(三)」先行カット&あらすじ
  • ターゲットは誰…!?『名探偵コナン』より「標的(ターゲット)は警視庁交通部(三)」先行カット&あらすじ
2020.03.20

ターゲットは誰…!?『名探偵コナン』より「標的(ターゲット)は警視庁交通部(三)」先行カット&あらすじ

(c)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

恋の悩みで同僚とちょっとカラオケへ、そんな日常から一変して苗子たちが所属する警視庁交通課が狙われている事件へと発展する!? と思いきや、どうも犯人には明確な恨みがあるようで……。今週3月21日(土)に放送される、第973話「標的(ターゲット)は警視庁交通部(三)」のあらすじ&先行カットが到着です。

警視庁交通部交通課の三池苗子は、同僚の八木紫織、百崎橙子とカラオケへ行くも、その夜別れた百崎が翌日遺体となって発見されてしまう。そして何かを察して直接犯人のもとへ一人で行ってしまった八木もまた殺害されてしまい……。

先週、喫茶ポアロで安室さんと梓さんに聞き込みをし、容疑者を絞り込んだコナン君でしたが、今回の事件、さらなる推理で事件を食い止められるか!? あらすじ&先行カットをご紹介。

<あらすじ>
警視庁交通部交通課の百崎橙子、八木紫織が立て続けに殺害された。
佐藤刑事、高木刑事、千葉刑事ら警視庁の刑事たちは、八木の落下現場付近の聞き込みを開始する。そこで一週間前、付近で別の事件が発生していたことを知る。

そこへ交通課の宮本由美がやってきて、“駐車禁止の標識”が2人のダイイングメッセージではないかと助言する。

一週間前、百崎と八木が取り締まった、青野健吾、赤峰萬治、白山祐三の3人の男性に容疑者は絞られてはいるが、いまだ決定的な証拠はない。

由美は、八木が残したもう一つのダイイングメッセージ『7155』から、さらなるヒントを得るために、前日、2人と一緒にカラオケに行っていた三池苗子に電話をする。

電話を受ける苗子、その様子を見ていて『由美』という名前に反応し、怒りを燃やす怪しい男がいた……。

一方、現場にやってきた江戸川コナンは千葉刑事に声をかけ、現在の捜査状況を知る。
コナンは千葉刑事に車で送ってもらっている最中、あることに気が付く……。

文/村北恵子