• 『キラッとプリ☆チャン』リングマリィ(金森まりあ役・茜屋日海夏、黒川すず役・徳井青空)インタビュー【前編】 それぞれが演じるキャラの魅力と、グループ楽曲「インディビジュアル・ジュエル」の思い出
  • 『キラッとプリ☆チャン』リングマリィ(金森まりあ役・茜屋日海夏、黒川すず役・徳井青空)インタビュー【前編】 それぞれが演じるキャラの魅力と、グループ楽曲「インディビジュアル・ジュエル」の思い出
2020.04.04

『キラッとプリ☆チャン』リングマリィ(金森まりあ役・茜屋日海夏、黒川すず役・徳井青空)インタビュー【前編】 それぞれが演じるキャラの魅力と、グループ楽曲「インディビジュアル・ジュエル」の思い出

【写真右】金森まりあ役・茜屋日海夏さん【写真左】黒川すず役・徳井青空さん Photo:真下 裕(Studio WINDS)

4月からシーズン3がスタートする『キラッとプリ☆チャン』。昨年のシーズン2に新キャラとして登場した金森まりあと黒川すずは、主人公・桃山みらいたちが出入りするPrism Stone(プリズムストーン)のライバル店、Dear Crown(ディアクラウン)所属のプリ☆チャンアイドルだ。
可愛いもの好きで、感激したものに「かわいい!」認定するぶっ飛んだ性格のまりあと、「かっこいい」に憧れる身体能力に優れたクールな女の子のすずという2人がチームを組んで、友情を育んでいくのが一つの見どころだった。そんな2人を演じた、茜屋日海夏さんと徳井青空さんに、演じるキャラについてお話を伺った。


●ぶっ飛んだ方向のかわいさのまりあと、クールかわいいすず

──演じているキャラの第一印象と、演じていて意外に感じたことは?

茜屋 まりあは、誰がどう見てもこんなヘンテコ系キャラになるとは、最初は思ってなかったと思うんですけど……私も同じくで(笑)。最初にキャラクターの絵を見せてもらったときに、「かわいらしいな。ザ・ラブリーな子なんだろうな」って。『プリパラ』でもらぁらは一応ラブリー担当だったんですが、まりあはもっとぶりっ子な感じのラブリーの方なのかな? って。

──蓋を開けたら、まりあはかなりキテレツ系でした(笑)。

茜屋 そうでしたね! 自分でもまりあがそうなるとは思ってなかったです(笑)。確か、シーズン2の収録が始まる前に大庭晋一郎さん(タカラトミーアーツのプロデューサー)から「良いキャラ来たね!」って言われたんですよ。その時は純粋に「かわいいキャラをやらせてもらえて、ありがたいです」って言ってたんですけど、初登場回の台本をみたら「かわいい」ってセリフが何個あるんだろう? みたいな。そこから毎回、まりあの「かわいい」のセリフになぜか丸を私は囲ってるんですよ(笑)。もう毎回、「かわいい」のチェックをする作業を続けてました。そんな、まさかのぶっ飛んだ寄りのかわいいだったので、私はもう一番最初が大きな変化だなと思いました(笑)。

──つまり、初っぱなが大きな変化だったと?

茜屋 はい、初っぱなで大きく印象が変わりましたね(笑)。

徳井 すずちゃんは、「かっこいい」を目指している子ということで、かわいいもの大好きなまりあちゃんと打ち解けるまでは時間も掛かったんですけど、打ち解けてからはどんどんまりあちゃんとの仲が深まって、それにつれてすずちゃんの新しい面も見られるようになってきて。後半では、「デレる」というとちょっとシンプルな言葉ですけど、すごく砕けた表情をいっぱい見せるようになったので、かっこいいけどかわいい表情も見せるようになってきたなと、個人的には思ってます。

──単にクールなだけじゃなく?

徳井 ええ。かわいらしさも出てきたなと思いました。

──すずのクールさで意識されたことは?

徳井 まりあちゃんのかわいさと対比になるようなかっこよさが出せればいいなと思っていたんですけど。とはいえ、最初はもうちょっと女の子らしいのかな? と思ったら、セリフの口調は「もっと男の子っぽくて大丈夫ですよ」というディレクションを頂いたので、結構本当に男の子意識で演じました。私の心に眠るイケメンさを出せたら良いなと思いながら演じてました(笑)。ただ最初は割とツンツンしていたので、冷たい子には見えないように。そこも注意して演じました。

──すずは結構低めの少年声路線でしたが、かなり声は作っていたんですか?

徳井 そうですね。でも私の地声も結構低い方なので、そこ(素に近い声での芝居)もすごく挑戦したいところだったので、すずちゃんではやりたいことがかなりやれました。

──まりあといえば、かわいいシールを何かにつけてぺたぺた貼るのが印象的でした。

茜屋 かわいいシールを貼るとき「ぺたり」って言ってるんですけど、あれは最初はSEの予定だったんですよ。それを私がアドリブで言い始めたら、ずっと言い続けることになっちゃったんです(笑)。

──さっき仰っていた台本の「かわいいのチェック」は、大変そうですよね。

茜屋 結構隅々に「かわいい」が隠されてるんですよ。普通に「かわいい」って言うだけじゃなくて「××かわいい」みたいなのがあって。最初は「××、かわいい」みたいに2つに区切って言っていたら、長崎行男さん(音響監督)から「『××かわいい』でワンワードの形容詞だから」って言われまして(笑)。それくらいたくさんありますね。でも、まりあちゃんによって、私の中の「かわいい」をすごく引き出してもらったと思います。

編集/小田サトシ