• 『ドロヘドロ』原作・林田球描き下ろしエンドカードミニ色紙がBD BOX上巻に封入決定!
  • 『ドロヘドロ』原作・林田球描き下ろしエンドカードミニ色紙がBD BOX上巻に封入決定!
2020.04.02

『ドロヘドロ』原作・林田球描き下ろしエンドカードミニ色紙がBD BOX上巻に封入決定!

(C)2020 林田球・小学館/ドロヘドロ製作委員会

5月20日(水)発売のTVアニメ『ドロヘドロ』Blu-ray BOX上巻に、原作・林田球先生描き下ろしのエンドカードミニ色紙が封入されることが決定した。

ショッキングでカオスな内容ゆえ、映像化不可能とさえ囁かれた衝撃作『ドロヘドロ』(原作・林田球)。1月より念願のTVアニメ化を果たし、多くのドロヘッズ(『ドロヘドロ』を愛するファンの皆様の総称)に支えられた本作も、ついに最終話を迎え、続編を望む声も沸き起こり、今なお「ドロヘドロ」熱は冷めやらぬ盛り上がりを見せている。

最終12話にて、原作者・林田球先生からこれまで試聴してくれたファンへの感謝の気持ちを伝えるために描き下ろされたエンドカードが放送され大きな反響を呼んだが、この度、林田球先生からファンへの感謝の気持ちを形に残すべく、この描き下ろしのエンドカードをミニサイズの色紙にプリントして、5月20日(水)発売のアニメ『ドロヘドロ』Blu-ray BOX上巻に新規封入特典として追加することが決定!

カイマンとニカイドウはもちろん、煙ファミリーの面々も集合し、フィナーレにふさわしいイラストとなっている。通常の色紙1/4のミニ色紙(タテ122mm×ヨコ137mm)で、机の上や玄関先など、好きなところに飾りやすいサイズだ。

また、Blu-ray BOX上巻には、林田球先生の描き下ろしイラストボックスや、ニカイドウが劇中で使用しているスケートボードと同じデザインのフィンガースケートボード、ニカイドウのお店「空腹虫(ハングリーバグ)」やギョーザ男のステッカーなどなど、豪華特典が満載。

さらにBlu-ray BOX下巻には、林田先生の描き下ろしイラストボックスはもちろん、新規アニメ映像として、原作の巻末おまけ漫画である、「魔のおまけ」を6エピソード収録!
どちらもファン必見のアイテムとなっている。

(C)2020 林田球・小学館/ドロヘドロ製作委員会

アニメージュプラス編集部