• 新生華撃団、舞う!『新サクラ大戦 the Animation』第一話先行カット&あらすじ
  • 新生華撃団、舞う!『新サクラ大戦 the Animation』第一話先行カット&あらすじ
2020.04.02

新生華撃団、舞う!『新サクラ大戦 the Animation』第一話先行カット&あらすじ

(C)SEGA/SAKURA PROJECT

2020年4月から放送開始となるアニメ『新サクラ大戦 the Animation』、その第一話の先行カットとあらすじ情報が到着した。

『サクラ大戦』シリーズは、架空の「太正時代」の帝都・東京を舞台に、日頃は帝国歌劇団として公演を行いながら、有事には霊子甲冑に乗り込み悪と戦う帝国華撃団の活躍を描くゲーム。アニメ化、舞台化もされた超人気作品だ。

そして『新サクラ大戦 the Animation』は、『サクラ大戦』シリーズの最新作であるPlayStation(R)4用ソフトウェア『新サクラ大戦』のアニメ化作品。
帝国華撃団・花組の天宮さくら(声:佐倉綾音)を中心に新たな物語が描かれる。霊子甲冑も霊子戦闘機にパワーアップしている。
監督は小野学、シリーズ構成は小野と浦畑達彦が共同で担当。3DCG作画で、アニメーション制作はゲームのオープニング映像、アニメムービーパートも手掛ける株式会社サンジゲンが担当している。またオープニング曲はゲームの主題歌でもある『檄!帝国華撃団<新章>』(作詞:広井王子 作曲:田中公平)になっている。

第一話の時間設定は太正三十年。ゲーム版が太正二十九年の話なので、ゲーム終了後の物語となる。神山隊長不在の間、隊長代理を務めていた天宮さくらだったが……?
気になる先行カットとあらすじはこちら!

<第一話「堂々開幕!新生華撃団」あらすじ>
太正三十年―多くの客で賑わう大帝国劇場。帝国歌劇団の新作公演初日。
楽屋には隊長代理としての初めての舞台を迎える天宮さくら、そして東雲初穂、望月あざみ、アナスタシア・パルマ、クラリスの新生花組の4人の姿が。
そこに神山誠十郎が帰国。その後ろには見知らぬ1人の少女の姿が…



<第一話スタッフ>
シナリオ:浦畑達彦  絵コンテ:小野学  演出:浅利藤彰

>>>『新サクラ大戦 the Animation』第一話先行カットを全部見る

(C)SEGA/SAKURA PROJECT

アニメージュプラス編集部