• 「その声は、我が友、李徴子ではないか?」 乙女の本棚シリーズ最新作は、中島敦『山月記』!
  • 「その声は、我が友、李徴子ではないか?」 乙女の本棚シリーズ最新作は、中島敦『山月記』!
2020.04.19

「その声は、我が友、李徴子ではないか?」 乙女の本棚シリーズ最新作は、中島敦『山月記』!

中島敦+ねこ助『山月記』(立東舎)

インプレスグループで文芸・料理関連の出版事業を展開する立東舎は、「乙女の本棚」中島敦+ねこ助『山月記』を、4月17日に発売した。

「乙女の本棚」とは、文豪の名作に、現代のイラストレーターが自由な感性でイラストを添える、絵本感覚で楽しめるコラボレーション・シリーズ。シリーズ第15弾となる本書『山月記』では、書籍の装画、ゲーム、CDジャケットなどで人気のイラストレーター・ねこ助が、全て描き下ろしで多くのイラストを制作しており、オールカラーで、小説世界をより豪華に楽しむことができる作品となっている。

明治生まれの文豪・中島敦の『山月記』は、教科書にも数多く掲載された名作短編。虎になってしまった友人に声をかける、「その声は、我が友、李徴子ではないか?」というセリフが読者に強烈な印象を与え続けている、日本文学のなかでも屈指の有名作品だ。

「乙女の本棚」シリーズには、夏目漱石の傑作短編『夢十夜』や、太宰治の人気作『女生徒』、江戸川乱歩の名作『押絵と旅する男』、萩原朔太郎唯一の短編小説『猫町』など、今でも色褪せることのない作品がラインナップしている。

アニメージュプラス編集部