• TVアニメ『文豪とアルケミスト』第5話 場面カット解禁! 血溜まりに沈んでいたのは…
  • TVアニメ『文豪とアルケミスト』第5話 場面カット解禁! 血溜まりに沈んでいたのは…
2020.05.11

TVアニメ『文豪とアルケミスト』第5話 場面カット解禁! 血溜まりに沈んでいたのは…

(C)DMM GAMES/文豪とアルケミスト製作委員会・テレビ東京

2020年4月3日(金)より放送が開始されたTVアニメ『文豪とアルケミスト 〜審判ノ歯車〜』より、第5話の先行カット&あらすじが公開された。

本作の原作『文豪とアルケミスト』は、プレイヤーが “司書” となって様々な文豪と共に戦い、人々の記憶から文学が奪われる前に侵蝕者から文学書を守りぬくことを目指す、文豪転生シミュレーションゲーム。総勢60名を超える文豪たちが豪華声優陣によって現代に甦る、累計登録者数110万人を突破した、DMM GAMESが誇る人気のPCブラウザ&スマートフォンアプリゲームだ。

“弓” “刃” “銃” “鞭” といった武器を手に戦う文豪達には実際の文学史をベースとした “派閥” があり、友情や師弟関係だけでなく、袂を分かつことになった者同士の和解や、ライバルといった濃密な関係性も描かれている。
また、各文豪が放つセリフはそれぞれの作品から引用されているものが多く、純文学の雰囲気を楽しむことも、深く考察することもできるのが作品の大きな魅力となっている。

第5話は、唯一無二の世界観を持つ詩人・萩原朔太郎の『月に吠える』の中へ “潜書” する前後編の後編。
テレビ東京ほかにて5月15日(金)25:23より放送開始。あらすじ&先行カットはこちら!

<第5話「月に吠える 後編」>
その男は立ち尽くす。河原の水面に映る自分の姿を見て、自分が何者で、何を望んでいるか問われていた。「月に吠える」に潜書した文豪たちは独特な世界で起こる奇妙な出来事に巻き込まれ、戸惑っている。その時、銃声が鳴り響き、道には血溜まりが広がっていた。血溜まりに沈んでいたのは……。

第5話「月に吠える 後編」

■スタッフ
脚本:熊谷純
絵コンテ:渡部穏寛
演出:石田暢
作画監督:藤原未来夫
総作画監督:中嶋敦子
美術監督:緒続学

(C)DMM GAMES/文豪とアルケミスト製作委員会・テレビ東京

アニメージュプラス編集部