• 留守電には事件の音声が! 『名探偵コナン』第R98話「1ミリも許さない(後編)(デジタルリマスター)」先行カット&あらすじ
  • 留守電には事件の音声が! 『名探偵コナン』第R98話「1ミリも許さない(後編)(デジタルリマスター)」先行カット&あらすじ
2020.05.15

留守電には事件の音声が! 『名探偵コナン』第R98話「1ミリも許さない(後編)(デジタルリマスター)」先行カット&あらすじ

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

アニメ『名探偵コナン』の第R98話「1ミリも許さない(後編)(デジタルリマスター)」のあらすじと先行カットが到着した。

『名探偵コナン』は、青山剛昌による同名漫画のアニメ化作品。高校生探偵・工藤新一は、謎の組織の手によって子供の姿に変身させられた。彼は江戸川コナンと名乗り、幼馴染みの毛利蘭、その父親・毛利小五郎、少年探偵団たちと協力しながら様々な難事件に挑む。

今回のR98話は、2012年11月17日に放送された第676話「1ミリも許さない(後編)」のデジタルリマスター版となる。
コナンたちがキャンプ場で出会った夫婦は、夫の浮気が原因で夫婦喧嘩が絶えないという。その結果起きたと思われる傷害事件の裏に、コナンは何らかの事情を察知する。

<あらすじ>
見つけた携帯を宅司と純夏に届けに行った歩美の動画を偶然撮影していた哀。コナンはその動画を確認し、純夏の携帯に留守電が入っている事に気付く。留守電には純夏が宅司に襲い掛かろうとしている時の音声が残っていた。コナンは留守電の最後に純夏が「止まった?」とおどけたように言った音声を聞き、今回の不慮の事故の真相に辿り着く。この後、手術は無事に終わり、純夏は数週間で退院できるとわかるが、宅司は姿を消して…。
先行カット
先行カット
>>>第R98話「1ミリも許さない(後編)の先行カットをすべて見る

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

アニメージュプラス編集部