• 恐カワ!? SNSで話題の福島県の妖怪像がフィギュア化!
  • 恐カワ!? SNSで話題の福島県の妖怪像がフィギュア化!
2020.05.21

恐カワ!? SNSで話題の福島県の妖怪像がフィギュア化!

フィギュア「妖怪像」

福島県いわき市に伝わっていた謎の妖怪像。SNSで話題となったこの妖怪像が、フィギュアとなって発売されることとなった。

今回フィギュアのモチーフとなった妖怪像は、福島県いわき市に伝わっていた謎の木彫。
36体の立像は下帯姿、100体の座像は袈裟姿で、計136体。
獣、魚、鳥などをイメージしたものや顔が2つのもの、首の長いものなど多様だ。

この妖怪像は福島県いわき市で何箇所かに分散されて伝えられていたものだが、言い伝えによると、いわき市泉町にあった玉光山威徳院にあったものといわれる。威徳院は廃仏毀釈で廃寺となり、この像も地元の人たちが受け継いできたものと思われ、どのような信仰対象だったかなど現状では解明されていない。
立像の36体は特に「魔像三十六体」と呼ばれていた。
現在では湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)に所蔵されている。

キャステム京都LiQビルは、三次もののけミュージアムが所蔵する妖怪像がSNSで話題になっていることに着目、自社で数枚の写真から3Dデータを作成。
その後3Dプリンターにて出力したものを、三次もののけミュージアムにプレゼンテーションし、商品化の運びとなった。

従来、3Dモデルを作成する際には被写体をスキャニングし3Dデータ化する必要があったが、今回は数枚の写真から妖怪像の3Dモデルを作り細部にわたり形状を再現。
どこか懐かしさを感じさせる形状にデフォルメしている。

各全高約5センチ、三次もののけミュージアムにて2020年5月21日より販売開始となる。

>>>フィギュア「妖怪像」の画像を全部見る

アニメージュプラス編集部