• Netflixで配信開始!『GREAT PRETENDER』の世界を脚本家が語る
  • Netflixで配信開始!『GREAT PRETENDER』の世界を脚本家が語る
2020.06.01

Netflixで配信開始!『GREAT PRETENDER』の世界を脚本家が語る

©WIT STUDIO/Great Pretenders

数々の注目作を手がけるWIT STUDIOが、満を持して送るオリジナルアニメ『GREAT PRETENDER』は、世界を股にかけて繰り広げられる壮大にしてスリリングなコン・ゲーム(騙し合い)を描く痛快なクライム・エンタテインメントだ。

自称 “日本一の詐欺師” のエダマメこと枝村真人は、観光客のフランス人を騙したつもりが、逆に騙されて大金を奪われてしまった。フランス人の名は、ローラン・ティエリー。飄々とした佇まいのその男の正体は、強大なマフィアさえ手玉に取る凄腕のコンフィデンスマン(=信用詐欺師)だった。そして、ローランとの出会ったエダマメは、やがて途方もないスケールのコン・ゲームへと巻き込まれていく。

監督に鏑木ひろ、キャラクターデザインに貞本義行という豪華なスタッフで描き出される本作。TVドラマ『リーガル・ハイ』や映画『探偵はBARにいる』シリーズなどの脚本を手がけてきた古沢良太が脚本・シリーズ構成を務めるのも、大きな注目ポイントだ。

実写作品で魅力的なキャラクター描写と巧みなストーリーテリングを見せてくれた、気鋭の脚本家である古沢。TVドラマ・映画の『コンフィデンスマンJP』シリーズでも、コン・ゲームをテーマに魅力的な作品を生み出している。
そんな古沢が、この期待の新作について語るインタビューをお届けしよう。

アニメージュプラス掲載