• Netflixで配信開始!『GREAT PRETENDER』の世界を脚本家が語る
  • Netflixで配信開始!『GREAT PRETENDER』の世界を脚本家が語る
2020.06.01

Netflixで配信開始!『GREAT PRETENDER』の世界を脚本家が語る

©WIT STUDIO/Great Pretenders



荒波に乗りだしていくような開放感を

ーー脚本を書く上で、実写とアニメの違いは感じましたか?

古沢 最初は「アニメだから実写でできないことをやろう」と意識して書いていましたが、意外と、実写で難しいことはアニメでも難しいとわかった、というのはあります。たとえば、この作品は世界中のいろいろな都市が舞台になります。アニメなら現地に撮影に行かなくていいよなと思っていたら、それぞれの舞台設定を1から作らなくてはいけないから、かなりカロリーがかかるそうですね。あるいは、「ものを食べながら話す」とか「歩きながら話す」というシーンも、アニメだと意外と難しい。実写だと、ただ向き合って話すシーンは不自然だから、何かをしながら会話させることが多いんです。でもアニメだと、いろいろ動きを足していかなきゃいけないから大変だということで。そんな風にいろいろと発見もあって、おもしろかったです。

——主要登場人物のエダマメこと枝村真人と、ローレン・ティエリーは、それぞれどんなキャラクターですか。

古沢 エダマメは自分では「日本一の詐欺師だ」とか言うけれど、コロッと騙されるし、情にほだされやすいし、すぐ調子に乗りやすいところもある。どこか憎めない詐欺師にしたいと思いました。小林千晃さんのガツっと当たってくるような声で、よりアクティブなキャラクターになったと思います。ローランはちょっと得体の知れないキャラクターで、年齢性別問わずに “色気” を感じさせるような、セクシーさを醸し出す男です(笑)。ヌルっとしたエロティックさのようなものが、諏訪部順一さんの声で見事に表現されていて、まさにピッタリだと思います。

ーー物語はどのように展開していくのでしょうか。

古沢 全体が4つの章に分かれています。各章ごとに焦点があたるキャラクターがいて、テーマが変わって、舞台になる場所によっても雰囲気も変わって。きっと、章ごとに少しずつ違った味を楽しんでいただけると思います。最初の章は、主人公のエダマメ(枝村真人)にスポットが当たるストーリーですね。小さい詐欺をやっていた姑息なペテン師のエダマメが、ローランたちコンフィデンスマンと出会ってまったく別のステージに解き放たれ、巨悪に挑む大冒険にかり出されるというドラマ。エダマメの姿に自分を重ねて、荒波に乗りだしていくような開放感を味わってほしいなと思ったりします。ぜひワクワクしながら、エダマメと一緒に世界中を冒険していただきたいです。


▲ローランと手を組む女詐欺師・アビー


▲ローランたちを追うFBI捜査官・ポーラ



古沢良太【脚本・シリーズ構成】
こさわ・りょうた/映画『ALWAYS 三丁目の夕日』、『探偵はBARにいる』シリーズ、TVドラマ『リーガル・ハイ』、『デート〜恋とはどんなものかしら〜』、『コンフィデンスマンJP』などの脚本を手がける。本作が初のアニメ脚本。

*インタビュー初出=アニメージュ2020年6月号

アニメージュプラス掲載