• 木製家具の老舗カリモクの家具がミニチュアになって発売!
  • 木製家具の老舗カリモクの家具がミニチュアになって発売!
2020.05.28

木製家具の老舗カリモクの家具がミニチュアになって発売!

(C)KARIMOKU FURNITURE INC. ALL RIGHTS RESERVED.

木製家具の老舗カリモクの「カリモク60」シリーズがミニチュアになった。ケンエレファントからカプセルトイおよびブラインドBOXで発売される。

カリモク家具は家具業界の最大手。ホビーファンには、メディコム・トイのクマ型ブロックタイプフィギュアBE@RBRICKの木製タイプを手がけていることで記憶されているかもしれない。
『カリモク60』は、同社が1962年に国内向け木製家具の製造を開始して以来、「カリモク家具」として時代の流れに左右されることなく製造、販売しつづけてきたアイテムと、当時生産されていたものを復刻し、再編集したブランド。

今回発売される「カリモク60 ミニチュアファニチャー ver.2」は、そのカリモク60をミニチュア化したシリーズ第2弾。
「ロビーチェア2シーター」「オットマン」のカラーバリエーションである「モケットグリーン」タイプは、手のひらサイズになっても肌触りの良い感触を楽しめる。
また「カリモク60」ブランドには、すべてのアイテムにアクリル製ブランドプレートがひとつひとつ職人の手で取り付けられているのだが、「カリモク60 ミニチュアファニチャー ver.2」でもそのブランドプレートはしっかりと再現されている。

・リビングテーブル(小)(ウォールナット)
1963年発売。ラインナップに含まれている「ロビーチェア2シーター」と組み合わせるとちょうどよい高さになっている。

・ロビーチェア2シーター(スタンダードブラック/モケットグリーン)
1968年に開発された、より良い座り心地、重厚感を追求した総張り椅子。「オットマン+マガジンラック」と組み合わせると、楽しみ方の幅が広がる。

・オットマン+マガジンラック(スタンダードブラック/モケットグリーン)
1968年から続くカリモクの原点商品。ロビーチェアやKチェアとあわせて飾ったり、補助椅子としても使える。

・ダイニングテーブル800(ウォールナット)
1〜2人暮らしに最適なコンパクトサイズのダイニングテーブル。

・アームレスダイニングチェアⅡ (スタンダードブラック)
背面の大きな丸みと上に広がる角度の背もたれがポイント。ラインナップの「ダイニングテーブル800」と組み合わせると、ダイニングのインテリアが再現できる。

カプセルトイ版とBOX版は基本的に中身は同じ。BOX版はどれが出るかお楽しみのブラインドBOX仕様になっている。
全国各地のカプセルトイ売場や雑貨店、ホビーショップで販売される。

>>>「カリモク60 ミニチュアファニチャー ver.2」の画像を全部見る

(C)KARIMOKU FURNITURE INC. ALL RIGHTS RESERVED.

アニメージュプラス編集部