• アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、新曲「どのみちハッピー!」と大好きな音楽のこと《前編》
  • アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、新曲「どのみちハッピー!」と大好きな音楽のこと《前編》
2020.05.29

アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、新曲「どのみちハッピー!」と大好きな音楽のこと《前編》

鍛治島彩/かじしま あや 1999年7月21日生まれ。千葉県出身。20歳。アプガ(2)の初期メンバーのひとりであり、鼻リコーダーの人としても有名。2020年11月20日放送「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)の「足が臭くてブーツが脱げない女子SP」にアイドル代表として出演し、その必死さから「足臭いより嘘臭い」との褒め言葉をもらった。YouTubeでMVが公開されたアプガ(2)の新曲「どのみちハッピー!」の作曲を担当し、作曲家としての道も歩み始めたばかり! 特技:鼻リコーダー、バスケットボール

アップアップガールズ(2)の初期メンの中で、アニメージュプラス、ハイパーホビーでいまだ単独インタビューをしていなかった、かじぃこと鍛治島彩が満を持しての登場です! 正直なところを言うと、かじぃはSHOWROOMで800日以上毎日配信をしていて、その中で自らの現在のことや過去のことを常に話してくれているので、他のメンバーと比べると訊くことあんまりないかも…ということで、取材をお願いしていなかったんです。ですがなんと今回、新曲「どのみちハッピー!」を作曲したということで、新曲のことと、かじぃと音楽について、まだまだ自粛期間が続く中ですが、オンラインで根掘り葉掘り訊いちゃいました。今回も前後編でお送りします。ではまずは前編をお楽しみください!

■かじぃがギターを始めた理由とは?

鍛治島 ソロインタビューなんて、ひさしぶりですよ! 前にいつやったか、覚えてないくらいです! それにzoomでの取材も初めてで! よろしくお願いします!

ーーよろしくお願いします! かじぃへのインタビューは、いつかやろうとタイミングを見計らっていて、満を持しての登場ですよ。なんてったって、新曲「どのみちハッピー!」を作曲してということで、ここはインタビューしなければと!

鍛治島 ありがとうございます~!

ーー作曲し始めたのは、いつくらいなんですか?

鍛治島 去年の10月くらいから作り始めて、10月末には社長に送りました。

ーー作曲しようと思ったきっかけはあるんですか?

鍛治島 最初はお仕事ではなく、単なる趣味でやっていたんですよ。音楽が好きだったので、自分でいろんなフレーズを考えて作っていました。短いフレーズなんですけど。それがお仕事として、のちに「どのみちハッピー!」になるものとしてまとまったのが、去年の10月です。

ーーフレーズを作り始めたのは、いつくらいです?

鍛治島 それはもっと前になりますね…ギターを買ったのも、実はそのためなので…。

ーーギターを買ったのは去年の1月くらいですよね。となると一昨年からですか?

鍛治島 そうですね、一昨年の末くらい、1年半くらい前になりますかね。まずは趣味として、曲を作るというのが頭に浮かんだんですよ。それまでは、そんなこと考えたこともなかったんですけど「あれ? 曲って普通の人、わたしでも作れるんじゃ?」って気づいて、「やりたーい!」って思って。ピアノをやっていたので、最初は家にあるピアノで短いメロディを作ってみたりしてました。それじゃ、1曲作ることはできないと気づいて、ギターを初めて、コードとかを勉強して、いろんなかたが作曲している曲を聴いて、やっと作曲ができたという感じです。

ーーじゃあ、本当にここまでくるのは長かったんですね!

鍛治島 いや~、長かったです! 作曲をなめてました。すいません! 最初に思ったほど、簡単じゃなかったです。

ーーギターを始めたのも、作曲という目標があったからなんですね。

鍛治島 そうですね。ギターがないと作曲できないというのもあり、それに加えて、その頃バンドさんの曲を聴いて「ギターってカッコいいな」と思ったというのもあります。それなら、ギターをやろうということにしたんです。

ーーちなみに、その頃聴いたバンドって?

鍛治島 shisyamoさんとか、関ジャニ∞さんですね。ぶっちゃけ言うと『関ジャム(完全燃SHOW)』にずっと大好きだったスカパラさん(東京スカパラダイスオーケストラ)が出るから見始めて、それでおもしろいから観るようになって、そうしたらshisyamoさんが出て。「かわいくて、ギター弾けて、カッコいいって最強じゃん!」って思ったんですよ! それで私もギターやりたいなって思ったんです(笑)。

ーーそこがきっかけで、ギターが気になり始めて、作曲もしたくなってきたと。

鍛治島 作曲に関して調べたら、ギターがあればなんとなく作曲はできると書かれていて。その時はとにかく、なにかやらなきゃと思っていたんです。やることに行き詰まっていたので、「なにか動かなきゃ!」とギターを始めました。

ーー行き詰まっていたんですね!?

鍛治島 行き詰まってました! あの頃は本当にしんどかったです! 年末にメンバーの卒業が決まって、新メンバーオーディションも決まって、でも目標にしていたマイナビBLITZ赤坂での単独公演も決まって…もうどうしていいかわからなくて、「なにかやらないと終わるな」と思っていました。それで “ギターに逃げた”、のかもしれません。お仕事で辛くても、深夜にギターを弾いて、それでストレス発散して、寝て、朝起きて今日もガンバっていこうぜ~って毎日でした。わたしはいつも、なにかあると音楽に助けられるんですよね。

ーーそんなに、辛い毎日だったんですね…。

鍛治島 正直言うと、SHOWROOMの毎日配信ももうしんどくて、止めようかと思ってたんですよ。最初はSHOWROOM毎日やってるというので、みなさん楽しんでもらえていたんですけど、それが普通になっちゃてたんですよね。それで、次なる盛り上がりを作らなきゃと思ってたんですけど、なにをすればいいのかわからなくて。SHOWROOMでギターやろうとか、まったく考えてなかったんです。わたしがギターなんかやっても、誰もおもしろくないだろうと決めつけていて。でも去年の頭から、SHOWROOMでギターの練習みたいな配信をやったら、みなさんが喜んでくれて、コメントも盛り上がって、そのおかげでギターを弾くのが楽しくなって、SHOWROOMもギターも続けることもできました。そこでも、わたしは音楽に助けられたなと思っています。

ーー最初はスピッツさんの「空も飛べるはず」の弾き語り練習をやっていました。

鍛治島 スピッツさんも好きなので弾いてたんですけど、全然弾けなくて、“飛べない!” という。みなさんのコメントも「ずっと低空飛行」とか、「今日は飛べるかな?」とか、盛り上がって。

ーーいやあ、弾けない=飛べないっていうのが、ファンのみなさんのコメントもあわせて、おもしろかったですよ。ただ練習するだけじゃなく、ちゃんとエンターテイメントになってるところが、かじぃ流石だなと思っていました。

鍛治島 ありがとうございます! いやあ、鍛治島は最初から完ぺきに弾けるよりも、その過程を見せちゃったほうがいいのかなと思って。鍛治島は、失うものはないなって、やっちゃったんですけれども(笑)。あれがあって、ちゃんと弾けるようになってよかったです。

アニメージュプラス編集部