• アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、新曲「どのみちハッピー!」と大好きな音楽のこと《後編》
  • アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、新曲「どのみちハッピー!」と大好きな音楽のこと《後編》
2020.05.29

アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、新曲「どのみちハッピー!」と大好きな音楽のこと《後編》

アップアップガールズ(2)鍛治島彩が語る、鍛治島彩/かじしま あや 1999年7月21日生まれ。千葉県出身。20歳。アプガ(2)の初期メンバーのひとりであり、鼻リコーダーの人としても有名。2020年11月20日放送「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)の「足が臭くてブーツが脱げない女子SP」にアイドル代表として出演し、その必死さから「足臭いより嘘臭い」との褒め言葉をもらった。YouTubeでMVが公開されたアプガ(2)の新曲「どのみちハッピー!」の作曲を担当し、作曲家としての道も歩み始めたばかり! 特技:

アップアップガールズ(2)の初期メンの中で、アニメージュプラス、ハイパーホビーでいまだ単独インタビューをしていなかった、かじぃこと鍛治島彩が満を持しての登場です! 正直なところを言うと、かじぃはSHOWROOMで800日以上毎日配信をしていて、その中で自らの現在のことや過去のことを常に話してくれているので、他のメンバーと比べると訊くことあんまりないかも…ということで、取材をお願いしていなかったんです。ですがなんと今回、新曲「どのみちハッピー!」を作曲したということで、新曲のことと、かじぃと音楽について、まだまだ自粛期間が続く中ですが、オンラインで根掘り葉掘り訊いちゃいました。後編ではパーソナルな部分に迫ります!

>>>前編はこちら>>>


■音楽好きなかじぃの歴史を紐解く

ーーここからは、かじぃについて詳しく聞いていきたいと思います。まず “彩” という名前の由来を教えて欲しいです。これは前から聞きたかったんですよ。

鍛治島 わたしの名前の由来ですか!? ちょっとまってください、ちゃんと書いてあるんですよ!
(と画面から消えて、書いてあるというのを探しに行くが……約1分後)

鍛治島 すいません、見つからなかったです…。

ーーはい(笑)。

鍛治島 感情が豊かで、彩りのある子に育って欲しいという意味だったと思います。すいません、ちゃんと書いてあったんですけど、簡単になっちゃって。あとは、漢字ひと文字というのは最初から決めていたらしいです。“鍛治島” という名字が画数も多いし3文字ですからね。姉も同じくひと文字なんですよ。そういう想いを込めてもらいました。

ーーそんな想いを込めてもらって、子どもの頃はどんな子どもだったんですか?

鍛治島 赤ちゃんの頃は、すごく静かで、泣かなくて、どうしちゃったのかなっていうくらいおとなしい子だったみたいです。でも言葉を覚え始めてからは、とにかく口が達者で、元気な子だったと聞いてます。それにすごいビビリで。ママがいなくなったら泣くし、なにかあったら泣くし。おとなしい赤ちゃんから、すっごく元気な子になったみたいです。

ーーそんな元気で口が達者な子が、音楽を好きになったきっかけはあるんですか?

鍛治島 母がすごく音楽が好きな人なんですよ。それで子どもの頃からずっと音楽に触れていましたね。母は姉とわたしに音楽をやらせたいということで、ヤマハ音楽教室に通わせたんです。まず姉が通い始めて、年少だったわたしはついていっていたんですけど、興味なくていつも寝てましたね(笑)。でもわたしも、年中から通いはじめて、6年間ずっとピアノは習っていました。その時にはもう、音楽がすごく好きでしたね。ピアノはぜんぜん上手くならなかったんですけど、とにかく楽器が好きでしたね。年長のときにはもう、楽譜を見ずに弾けるようになってましたね。

ーーへえ、それはすごいんじゃないですか?

鍛治島 でも、普通のやりかたじゃなかったんですよ。当時のヤマハ音楽教室は、楽譜にお手本のCDがついてきていたんです。普通はCDでこんな曲だよというのを聴いて、楽譜を見て弾くんですけど、わたしはもともと本が嫌いだったというのもあって、楽譜を見ずにCDだけで曲を弾いてたんですよ。その頃から鍛治島はおかしいんですよ! 

ーー普通は、楽譜を見ないと弾けないですよね。

鍛治島 そうなんですよ。そんな変なことやっていて、耳が鍛えられたんでしょうね。それで聴いたら弾けるようになったんです。でも運指の技術はないので、耳だけが育って、ピアノはぜんぜんうまくならなかった(笑)。楽譜読めないし、手は動かないのに、耳だけはいいと。正直、子どもがピアノ習うのには耳なんてどうでもよかったんですよね。だから、検定も受からないし、コンクールでも間違えてばかりだし、ちょっとできない子みたいな感じでした。だから、音楽はやめちゃったんですよね。

ーーなるほど、音楽は好きだけど、ピアノが嫌になったんですかね。

鍛治島 嫌になっちゃいましたね。わたしは、なんでできないんだろう? って。小学5年生までピアノやってたんですけど、バスケ部のほうに懸けたいなと思ってやめました。いま思うと惜しいことをしたなと思いますね。続けてやってればなと。

ーーでもそれが、完全にいまに活きてますよね!

鍛治島 そうなるなんて、本当に最近まで思わなかったですよ! 音楽はずっと好きでしたけど、ヤマハで身についた音を聴けば弾けるという能力は、これまでなんの役にも立たなかったですから(笑)。小学生の時にバスケ部をやりながら、兼任で吹奏楽部も1年だけやってたんです。そんな前例がなくて、伝説と言われてました(笑)。そこで耳が役立つと思ったんですよ。トロンボーンをやったんですけど、そこでも楽譜見ないで耳だけで自己流でやっちゃうから、ほかのトロンボーンと動きが合わなくて怒られて。トロンボーン何人かいると、動きを合わせないといけないんですよね。トロンボーンやりたかったのに、外されました。楽譜も読めないし、別に楽器も上手くないのに、耳で聴いた音だけにこだわる、なんかめんどくさいやつですよね。吹奏楽部では、逆に耳が邪魔になってました。

ーーそれは確かに、普通にやってる人からすると、めんどくさいやつかも(笑)。

鍛治島 ですよね。でも、音楽の授業はいつも点数よかったです(笑)。そこは役立ちましたね。

ーーそんな小学生、中学生の頃は、どんな音楽を聴いていたんですか?

鍛治島 母親がカシオペアさんが好きで、いっしょに聴いていて、楽器に興味が出たりしましたね。あとは、音楽番組とか、歌番組がとにかく好きで、当時やってたのは全部観てたんじゃないかな? 中学生くらいになると、ネットが普及し始めて、いろいろ調べて見るようになりましたね。そこで、アイドルがわたしの音楽の幅を広げてくれました! 

ーー最初にハマった、アイドルって誰なんでしょう?

鍛治島 それはもう、間違いなくモーニング娘。さん、ハロー!プロジェクトさんです。辻さん加護さんがいた時代からですね。子どもの頃、ダブルユーさんのCD買ったのは覚えてます。そこからずっとアイドルさんが好きで、中学生くらいでネットを見るようになってから、いろんなアイドルさんを見るようになって、「もうアイドルみんな好き!」ってなってました(笑)。

ーー中学生から高校生になって、アプガ(2)に入るまでは、音楽を自分でやろうとは思わなかったんですか?

鍛治島 う~ん、その期間は、まったくやってなかったですね。ピアノもやってなかったから、ぜんぜん弾けなくなっちゃいましたし。本当に聴くだけになってましたね。

アニメージュプラス編集部