• 『啄木鳥探偵處』第九話あらすじ! 環と二人になった啄木の行動とは…
  • 『啄木鳥探偵處』第九話あらすじ! 環と二人になった啄木の行動とは…
2020.06.02

『啄木鳥探偵處』第九話あらすじ! 環と二人になった啄木の行動とは…

(C)2020伊井圭・東京創元社/『啄木鳥探偵處』製作委員会

4月より放送中のTVアニメ『啄木鳥探偵處』の第九話あらすじ&先行カットが公開となった。

『啄木鳥探偵處』は、伊井圭の同名小説を原作とする探偵ミステリーアニメ。明治時代の東京を舞台に、『一握の砂』などで知られる、人たらしの天才歌人・石川啄木(CV:浅沼晋太郎)と親友の金田一京助(CV:櫻井孝宏)が事件を紐解いていく物語だ。

第九話は6月8日(月)よりTOKYO MX、BSフジほかにて放送開始。中性的な魅力を持つ環の行動に感化されていく啄木は、どんな事態に立ち向かうのか。あらすじ、先行カットはこちら!

<第九首 「仕遂げしこと」>
貧しい人々に施しを行うことで生きる意味を見出す環の姿に、感化されていく啄木。京助は死んだ鑑の家に幽霊が出るという噂を平井から聞き、啄木と共に調査に出かけるが意外な幽霊の正体にたどり着くことに。そんな折、環の夫である園部が何者かに窓の外から引きずり落されるという事件が発生する。犯人は鑑の弟なのか?環と二人きりになった啄木は、おもむろに原稿用紙に何かを書きはじめる……。

第九話先行カット
脚本:岸本卓/絵コンテ:坂田純一/演出:田辺慎吾/総作画監督:渡辺浩二/作画監督:浮村春菜、田中亜優、三好和也、石川慎亮

(C)2020伊井圭・東京創元社/『啄木鳥探偵處』製作委員会

アニメージュプラス編集部