• 超級危険有毒生物! オオスズメバチがガシャポンになって発売
  • 超級危険有毒生物! オオスズメバチがガシャポンになって発売
2020.06.05

超級危険有毒生物! オオスズメバチがガシャポンになって発売

(C)BANDAI

世界最大のハチであるオオスズメバチなどをラインナップしたガシャポン「すずめばち」がバンダイより発売される。

「すずめばち」はガシャポン『いきものシリーズ』の新アイテム。
『いきものシリーズ』は、2018年8月に発売した「だんごむし」を皮切りに、「まんまるこがね」「だいおうぐそくむし」「かめ」「とらふからっぱ」等、これまでにシリーズ累計300万個以上を販売したバンダイのカプセルトイ。
通常のカプセルトイと異なり、本体がそのまま筐体から出てくるカプセルレスのアイテムとなっている(一部保護カバー付きのものもあり)。

今回のアイテムは「すずめばち」を生物学的に研究し、全長約15センチ、全幅約20センチと驚異の大きさとリアルな造形で再現。
実際の蜂と同様の針の出る仕組みや、顎の開閉、触覚の角度調整など全身18カ所が可動。また普段見ることの難しい舌や翅脈(しみゃく)も忠実に再現しており、「だんごむし」「かめ」等の「いきものシリーズ」で培った技術を集約した「神秘的な昆虫の生態」を感じることができるリアル可動フィギュアとなっている。

また自販機より搬出された状態から蜂の本体部分を取り出し、残りのカプセルパーツを組み替えると専用のディスプレイスタンドとして使用することが可能。
「飛行モード」と「アタックモード」、2つの形状でディスプレイすることができる。

ラインナップはオオスズメバチ、キイロスズメバチ、クロスズメバチの3種。実際のサイズ差をイメージして、オオスズメバチは他2種より一回り大きくなっている。

>>>ガシャポン「すずめばち」の画像を全部見る

(C)BANDAI

アニメージュプラス編集部