• 『機動戦士ガンダム』のマスコット「ハロ」がボールに! ハロボールピンクモデル販売
  • 『機動戦士ガンダム』のマスコット「ハロ」がボールに! ハロボールピンクモデル販売
2020.06.18

『機動戦士ガンダム』のマスコット「ハロ」がボールに! ハロボールピンクモデル販売

ハロがピンクになってボールになった!(C)創通・サンライズ (C)MIKASA

ミカサより、2020年6月25日(木)から『機動戦士ガンダム』とコラボしたハロボールのカラーバリエーション、ピンクモデルが発売される。

球技用ボールメーカーで創業100年を超えるミカサと初テレビ放映から40周年を超える『機動戦士ガンダム』の異色コラボレーションが決定!

今回のコラボは、『機動戦士ガンダム』ファンとして、またボールメーカーとしてハロをボールのパネルで表現できないか長年企画を温めてきた企画とのこと。
『機動戦士ガンダム』作中で、ぴょんぴょんと跳ね回り、可愛らしく存在感たっぷりだった「ハロ」が本当に跳ねる・競技ができちゃうボールとなって登場する。

本商品は、MVA200で8枚パネルのボールを実現したことにより、8枚パネルでのハロボールの可能性が広がっている。
ミカサの技術陣が開発を検討し、パネル形状の設計には、球体を展開図にできる最適な3次元CADソフトを試行錯誤の末、選定したことによりパネルの設計を実現したアイテムだ。
昨年発売したグリーンの「ハロボール」は即日完売、即増産し、ミカサのカタログにも掲載して定番化するほどの人気商品。
今回はファンの要望におこたえして、カラーバリエーションとなるピンクモデルが発売される。

ボールメーカーの『ガンダム』への熱い思いと技術が集結した「ハロボール」、使ってよし飾ってよし、ファンならずとも思わず手に取りたくなるアイテムだ。

価格は3800円+税、ボールの円周は62.0~64.0cm、重量は約150~170g。
主な販売場所はミカサオンラインショップやAmazonとなっている。

(C)創通・サンライズ
(C)MIKASA


アニメージュプラス編集部